• 第244回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌西倫理法人会 会長 高後 圭児 氏をお迎えして、テーマ「出会いは人生の宝物」にてご講話いただきます。

    生年月日     1973年  11 月 25 日
    出身地  札幌           
    出身校  暁星国際高等学校 
    経歴
    東京全日空ホテル 勤務
    医療法人 明日葉会 診療支援部 勤務
          “       経営企画室 室長
    有)コーショウメディカルサービス 代表取締役


    倫理歴
    2007   札幌西倫理法人会 入会
    2011     札幌西倫理法人会 普及拡大委員長
    2012     札幌西倫理法人会 副会長 ・ 普及拡大委員長
    2013 2014札幌西倫理法人会会長

    倫理との出会いは先輩からの誘い
    すぐに会員となり幹事に。
    モーニングセミナーに出ると普段会えない人に合えるので
    とにかくどんなことがあっても出るようにはしていた
    しかし、倫理はイメージとして難しいものだと考えていた。

    しかし、会長になったら見方が変わりいろんな学びがあるんだと
    感じたそうです。
    わがままだった自分が相手の立場を考えると変われることにも気づき
    言葉にすることで物事が変わるんだと気づいたときに
    倫理が面白いと感じたそうです。

    とても面白い講和でした。
  • 経営者モーニングセミナーは、DVD上映会となります。
    DVD上映会タイトル
    『倫理法人会 全国役員代表者会ダイジェスト』

    平成25年9月22日、23日に開催された全国代表者会のダイジェスト版です。
    全国の倫理法人会都道府県会長、単会の会長が、初めて一堂に会した代表者会です。    
    倫理研究所のいろいろな事業の紹介や倫理法人会の活動、拡充の意義など 感動的で、元気の出る内容となっております。

    一度は見ておきたい内容となっております。皆様のご出席をお待ちしております。
  • 第6回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 副幹事長 (株)FPプロダクツ 代表取締役 千葉 雅可 氏をお迎えして、テーマ「未定」にてご講話いただきます。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週金曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 朝食会 7:30〜8:15まで
    開催場所 厚別パークボウル 2F
    〒004-0053 北海道札幌市厚別区厚別中央3条4丁目5-1
  • 第229回経営者モーニングセミナーは、講師に 小樽市倫理法人会 会長
     株式会社 味の栄六 代表取締役 見目 芳雄 氏 をお迎えして、

    テーマ『 恩 返 し 』にてご講話いただきました。

    ◼講師プロフィール
    1957年2月 標津郡中標津町生まれ
    1967年   釧路市へ転居
    1974年   札幌市内の寿司屋で修業に入る
    1991年   小樽市で初代オーナーよりのれんを引き継ぐ
    2011年   現在地に移転(運河正面)

    ◼倫理歴
    2007年3月 小樽市倫理法人会入会
    2010年9月 小樽市準倫理法人会 専任幹事
    2011年9月 小樽市準倫理法人会 会長(4代目)
    現在に至る(3期目)


    見目会長のお店(寿司店)
    「おたる栄六」のホームページはこちら
    http://www.otaru-eiroku.com/jp/

    ◼講話内容
    若くして独立を目指し、一心不乱に板場の修行

    考えたようには上手くいかない、独立開業

    厳しい師弟関係の中で、休みなく働いた日々

    離婚によって、失ったものと得たもの

    巡り巡ってきた、独立開業のチャンス

    定期預金を解約してまで応援してくれた友人知人

    順調と思われる、小樽の観光ブームとバブル

    そして、大震災と業績低迷と店舗移転と悪い噂

    やくざ牧師との出会いと50歳にして倫理との出会い

    百日墓参の実現 と恩返し-会長就任と断酒ー100社達成まで

    ハガキの実践ー母への感謝ー会員との絆-厚別単会の開設

    100倍恩返し-元を忘れず、末を乱さず

    まだまだ続く波乱万丈な板前人生-40分では語り尽くせないお話でした。

  • 第774回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 会長 土屋公三 氏をお迎えして、テーマ「生きがい、やりがいを育てる」にてご講話いただました。

    ■経歴
    昭和35年 4月 レンゴー株式会社入社
    昭和44年 6月 土屋商事を創業
    昭和45年 3月 有限会社丸三土屋商事(当社と合併)設立 代表取締役社長 就任
    昭和51年 9月 (株)丸三土屋建設
    『昭和57年8月 株式会社土屋ホームに商号変更』設立 代表取締役社長 就任
    昭和57年 6月  株式会社土屋ホームトピア設立 代表取締役社長 就任
    昭和61年10月  株式会社土屋ツーバイホーム設立 代表取締役社長 就任
    平成 6年 4月 有限会社土屋総合研究所設立
    『平成15年12月 株式会社土屋総合研究所に商号変更』代表取締役社長 就任(現任)
    平成12年10月 株式会社アーキテクノ取締役 就任
    平成13年11月 当社代表取締役会長 就任
    平成15年 9月 株式会社土屋ホーム東北取締役 就任
    平成20年11月 株式会社土屋ホームから株式会社土屋ホールディングスに商号変更
    平成23年 1月 当社取締役会長 就任 (現任)
    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 
    朝食会  会場ホテル1階 レストランローズ 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテル法華クラブ函館 2F
    〒040-0011 北海道函館市本町27-1
  • 第610回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 法人レクチャラー 佐良土 敬久 氏をお迎えして、テーマ「倫理でみつけた希望」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    昭和48年1月3日 生まれ (妻、子供3人)
    平成 3年 札幌西高等学校卒業
    平成 8年 明治大学商学部卒業 同年 (株)―条工務店入社
    平成14年 札幌に戻り、(株)インテリアサラド入社
    平成15年 結婚
    平成19年 独立
    平成22年 (株)サロウド・プロジェクト設立

    ■倫理歴
    平成23年9月 札幌東倫理法人会 幹事
    平成24年3月 札幌東倫理法人会 専任幹事
    平成25年9月 札幌東倫理法人会 専任幹事

    ■講演内容
    38歳で倫理法人会に出会い、現在41歳。
    札幌に戻り、親、兄の会社に入社、しかし、意見が合わず退社。それは、自分が勝手に親、兄が悪いと、思い込んでいたことが原因だった。倫理を学びそしてきずき、「両親、兄に謝罪しなさい」と倫理指導をうけ、心を入れ替え謝罪した。
    2012年会社の状況は思わしくなく、あと1年思いっきり頑張ってみると妻と約束。全力で1年間頑張り、売り上げは2倍になった。
    全力で出せば、全力で入ってくる、と熱心に語る、佐良土さん。

    会員のみなさんは、佐良土様から、熱いやる気、思いをいただきました。講和、どうもありがとうございました。
  • 第1418回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌中央倫理法人会 会長 星澤クッキングスタジオ 主宰  星澤 幸子 氏をお迎えして、テーマ「人の元は食にあり」にてご講話いただきます。




    ■経歴
    北海度南富良野町生まれ
    1971年 名寄短期大学栄養科卒 横内クッキングスクール入社
    1976年 STVテレビ「星澤幸子のクッキングメモ」出演開始
    1980年 ズームイン朝出演開始
    1984年 夫の転勤で広島市に移住 料理教室開始
    1985年 広島テレビ出演
    1991年 札幌に帰る どさんこワイド「奥様ここでもう一品」出演開始
    2000年 若田光一氏に宇宙食提供
    2001年 ホクレン夢大賞 農業応援部門大賞受賞
    2002年 ギネス世界記録認定(料理長期生出演)
    2007年 小惑星「HOSHIZAWA」国際天文学連合に登録
    2009年 東久邇宮文化褒章受賞
    2011年 醤油地域貢献賞受賞
    2013年 北海道産業貢献賞受賞生出演5555回を記録
    著書  「食のたまて箱」「あさ・ひる・ばんごはん」他
    ■倫理歴
    札幌中央倫理法人会 会長

    ■講話内容
    星澤先生が「食は命なり運命なり」をはじめ、「水野南北」(1760〜1834)江戸時代中期の観相学者・・・極道な生活をしていて死相が浮かんでいるといわれ、逃れるために出家を願い出たところ、「半年の間、麦と大豆だけ食べることが出来たら弟子にする」と言われ実践したことから、顔から死相が消えたと告げられる物語りから、「水野南北」推奨した「節食が運勢を改善する」を紹介しました。
    「人の運は食にあり、食正しければ人正しい」の名言も語りました。
    星澤先生が講話のレジメ順で、1.リーダーは常に明るく前向きで健康である;2.現実の食べ物の実態(日本は農薬使用世界一、自給率は39%、世界180番目);3.輸入食品(日本はフードマイレージ・食糧1トン当たりの生産から食卓までの距離は世界一;4.身土不二;5.良く噛んで食べる;6.なぜ日本人が外国から好かれるか;7.食事マナーの大切(いただきます・もったいないの意味)を熱い情熱で語りました。
    北海道南富良野町生まれの星澤先生、地産地消を薦め、北海道愛する料理家として、テレビ料理長期生出演、2002年ギネス世界記録認定や著書「食のたまて箱」、「あさ・ひる・ばんごはん」他、宇宙食研究と提供もして、北海道道民のマドンナです。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
  • 第520回 経営者モーニングセミナーは、講師に 中央倫理法人会 相談役、ミズノプリンテック株式会社 代表取締役 水野 雅生 氏をお迎えして、テーマ「 丸山敏雄と福澤諭吉の類似点「キーワードは17」〜日本人最初の留学生ジョン・万次郎の研究から倫理を学ぶ〜 」にてご講話いただきます。
  • 第920回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌北倫理法人会 会長 大塚 英夫 氏をお迎えして、テーマ「働きは最上の喜び」にてご講話いただきました。

    ■経歴

    ■倫理歴

    ■会場情報
    開催曜日 毎週水曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:00〜7:00まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテルクレッセント旭川2F
    〒070-0035 北海道旭川市5条通8丁目 緑橋通り
  • 第621回 経営者モーニングセミナーは、講師にSOC株式会社 代表取締役社長 朝倉幹雄氏をお迎えして、テーマ「気づいたらすぐやる」にてご講話いただきました。

    ■略歴        
    昭和19年12月3日 福島県西白河郡に生まれ
      52年 9月   札幌オフィスコンピュータ 創業
      54年 4月   同上 設立 代表取締役社長に就任 現在に至る
    平成18年 6月   SOC(株)に社名変更
    平成13年 2月   SOCパートナーズ(株)代表取締役会長就任
      17年 4月   (株)SOC総合研究所設立代表取締役社長就任
      18年 4月   SOC経倫(株)設立代表取締役会長就任
      20年 1月   SOCS(株)設立代表取締役会長就任
      23年 9月   SOCブルーイング(株)代表取締役会長就任

    ■倫理歴
    平成 3年 5月   北海道倫理法人会に入会
       7年 9月   北海道倫理法人会 会長
       8年 9月   札幌市倫理法人会 会長
      10年 9月   北海道倫理法人会 相談役       
      12年 9月       同上    会長
      13年 9月   経営倫理インストラクター
      15年 9月   北海道倫理法人会 相談役
      15年 9月   倫理研究所 法人スーパーバイザー
      21年 1月   倫理経営上級インストラクター

    ■講話内容
    テーマ「気づいたら直ぐする!」

    なぜやれないのか!?
    不安なのだからです、怠け心、強情心、心配性、
    気づきを活かせてない生き方
    決めるのは最後は経営者。
    決めるまで、色々意見を聞くといい。
    謙虚さがあれば意見を聞く。

    健康の秘宝は、気付いたらすぐする!
    そこに有る。

    気づくとともに実行していないと、成功も富も来ない。
    上手く行ってない人、金銭に困っている人を良く見てみると、
    気づいてから直ぐやっていない人が多い。

    夢は、北海道の基幹産業として、一兆円プロジェクトを推進。
    一社でも多くの企業に万人幸福の栞を普及し、発展を促進させたい。

    朝倉スーパーバイザーのお話は、身に詰まる講話でした。
    ありがとうございました。

    レポート:幹事 鉢呂敏之
  • 第369回 経営者モーニングセミナーは、講師に 一般社団法人倫理研究所 法人アドバイザー 大橋 俊作 氏をお迎えして、テーマ「倫理経営とは何か。商売繁盛の秘訣」にてご講話いただきました。

    大橋アドバイザー、ご来場いただいた皆様、
    ありがとうございました。

  • 第260回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌市倫理法人会 会長
    株式会社 スタジオメイ 代表取締役 児島 充子 氏をお迎えして、テーマ「感謝の心」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴

    ■会場情報
    開催曜日 毎週火曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルノースシティ
    〒064-8645 北海道札幌市中央区南9条西1丁目
    TEL:011-521-9748
  • 第600回 経営者モーニングセミナーは、講師に北海道倫理法人会 副事務長、(株)アシスト代表取締役 山田一也 氏をお迎えして、テーマ「反始慎終」にてご講話いただきました。
    ■経歴:昭和47年5月稚内にて生まれる。北海道大学経済学部経済学科卒業、北海道大学大学院経済学研究科経済学専攻修士課程修了。(株)英進にて教師を務める。アシスト札幌西社会保険労務士事務所 代表 特定社会保険労務士 (株)アシスト 代表取締役、
    ■倫理歴:平成21年1月札幌手稲倫理法人会設立準備メンバーとして入会、平成21年4月札幌手稲倫理法人会副事務長、平成22年9月道内レクチャラー拝命、平成24年9月北海道倫理法人会 副事務長、現在に至る。
    ■講話内容:昨年2013年は、私にとって本厄にあたり、倫理法人会などでの役割や役職とかけて、「役年」をテーマに役を受ける意義などについてお話いただきました。飛躍する「躍年」にするために、激動する状況の中で変えるべきものと考えてはいけないものについて、判断基準である「反始慎終」をテーマにお話しいただきました。
  • 第243回 経営者モーニングセミナーは、講師に ?渇ヤ輪橋自動車教習所 代表取締役 菊地 長一郎 氏をお迎えして、テーマ「宝の山」にてご講話いただきました

    東日本大震災を目の前で見た講師
    2日間何もできなかったのですが、終ってたまるかという想いで
    社員の反対を押し切り自動車教習所を再開。
    沢山の人に喜んでもらえたそうです。
    そうした体験が何があっても前向きな心、明るく元気にすることが大事だと再確認したそうです。
    社内で衝突していた社員とも、その社員の先祖の墓参りに行ったおかげで関係も変わったそうです。
    朝起きることは大変ですが、モーニングセミナーに行くだけでも実践力を養える
    本当の楽しさを得たいのであればまずはやることだと
    講師はおっしゃっておりました
  • 講師プロフィール
     昭和20年4月生まれ
     昭和41年4月 東京通運株式会社 入社
     昭和43年4月 静内自動車運輸株式会社(現 (株)シズナイロゴス入社)
     昭和45年5月 同 取締役 札幌営業所所長
     昭和56年5月 同 代表取締役専務
     平成14年5月 同 代表取締役社長
     平成25年6月 同 (株)シズナイロゴス 代表取締役会長
     平成25年12月 同 取締役会長

     団体
      社団法人全日本トラック協会常任理事
      札幌商工会議所 運輸 自動車部会長
      公益社団法人 北海道トラック協会 会長
      公益社団法人 全日本トラック協会 副会長

    講話
      両親のすすめもあり、12歳で静内から札幌へ1人で下宿生活
     
      東京での生活

      東京での運輸の勉強

      物流の歴史
       オイルショック後
        自分しか正しいものはないという錯覚から
        足の引っ張り合いが始まった。
       
       小泉政権後 公共事業が少なくなっていた。 
        人材育成をおこたっていた。
       
       自動車免許制度の変更による
        若者ドライバーの減少

       燃料代の高騰
     
       行政の問題

       通販物流・大手メーカ物流・TPP

       その中でいかに発展してくか。

       北海道の物流について、教えて頂きました。
       是非 札幌北倫理法人会モーニングセミナーにご参加下さい。
  • 第5回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌東倫理法人会 元会長 アスペックコーポレーション(株)代表取締役 矢野 哲夫 氏をお迎えして、テーマ「未定」にてご講話いただきます。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週金曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 朝食会 7:30〜8:15まで
    開催場所 厚別パークボウル 2F
    〒004-0053 北海道札幌市厚別区厚別中央3条4丁目5-1
  • 第228回経営者モーニングセミナーは、講師に元STVアナウンサー函館大学 非常勤講師 小林 裕幸 氏をお迎えして、テーマ「 (古)いにしえの日本リーダー 」にてご講話いただきました。

    ■講師プロフィール
    1939年 10月12日 札幌市生まれ
    1963年  4月    札幌テレビ放送アナウンサーとして入社
    スポーツ中継を中心に、ニュース報道やラジオのディスクジョッキ番組を担当。
    札幌冬季オリンピックでは、日本民間放送代表として70メートル級、純ジャンプ
    金・銀・銅独占を担当。その他プロ野球中継、ゴルフ、サッカー、アイスホッケー
    等を担当
    1980年  7月    同社アナウンス部課長
    1988年  7月    同社アナウンス部部長
    自社の後進の採用、養成教育。日本テレビ系列30局アナウンサー教育研修講師
    1992年  7月    同社番組審議会事務局長兼視聴者相談室長
    1994年  7月    同社函館放送局長
    1999年 10月31日 同社定年退職
    ○大学との関わりについて
    1989年〜2012年  北星学園女子短期大学を皮切りに札幌大学外国語学
    部、北海学園大学人文学部、北海道文教大学の非常勤講師を務める
    2000年  4月    函館大学非常勤講師
    2005年        函館大学教授
    2012年        再度非常勤講師
    現在に至る。

    著書 「函館をめぐる人物史」「放送用語ハンドブック」

    ■講和内容
    いつもは、大学にて「リーダー論」について教授されている中で、この度は天皇家の次男として生まれ推古天皇(女性天皇)の摂政となった、聖徳太子(馬宿の巫女)に焦点をあてたお話でした。

    世界中で尽きることのない宗教戦争が、なぜ日本に無いのか?(注1

    現在の日本社会の原型を作ったのは、聖徳太子ではないか?

    当時の日本国内の状況は、日本古来の「神道」に加え、外来の「儒教」「道教」そして「仏教」が伝来し、混沌とした宗教争いが始まっていました。

    そこで聖徳太子は、禁止するのではなく「仏教」を庇護し布教を推進する。否定するのではなくそれぞれの良いところを取り入れて祭り事を行ったのである。

    それは、十七条憲法を貫く根本的な儒教思想からも理解できる。

    また聖徳太子は、607年に小野妹子を史上初の遣隋使として送り、国交を樹立し国家としての宣言をして中華圏からの侵攻を防いだ。

    よって、力ではなく和をもって物事を解決していく、近代日本の精神のルーツであると考えさせられる、大変興味深い講話でした。


    (注1:一時期ある特定の宗教への弾圧などがあったが、これは宗教戦争ではなく政治と宗教との争いである。
  • 第773回 経営者モーニングセミナーは、「DVD研修」

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 
    朝食会  会場1階 レストランローズ 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテル法華クラブ函館 2F
    〒040-0011 北海道函館市本町27-1
  • 第609回 経営者モーニングセミナーは、占い師グループ きゃっとてーる 常葉 了 様のご講話を予定しております。 
    ■経歴

    ■倫理歴

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 4月〜11月
    6:00〜7:00まで
          12月〜 3月 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 とかち館(旧寿御苑)
    〒080-0017 北海道帯広市西7条南6丁目2番地(JR帯広駅より徒歩15分)
  • 第1417回 経営者モーニングセミナーは、講師に 法人局 参事 法人アドバイザー (有)アドミカミ 代表取締役 三上 忠男氏をお迎えして、テーマ「苦難福門・・・・やればできる」にてご講話いただきます。




    ■経歴
    1939年 栃木県壬生町に生れる
    1995年 (有)アドミカミ 設立

    ■倫理歴
    2002年 法人局 法人レクチャラー
    2002年 埼玉県倫理法人会 研修委員長
    2005年 埼玉県倫理法人会 普及拡大委員長
    2005年 倫理経営インストラクター
    2008年 埼玉県草加市倫理法人会 相談役
    2009年 社団法人倫理研究所 法人局 参事 法人アドバイザー
    2010年 法人アドバイザー

    ■講話内容
    三上講師は、前日札幌市倫理法人会幹部研修でも講話されました。今日の講話の冒頭に、きく(聞く・聴く)の違いを説明しました。自然な音は聞くと書き、モーニングセミナーは聴くと書いて、聞くと聴くは心の持ち方が違い、モーニングセミナーの講話が心できく事を望んでほしいです。

    日本倫理法人会の創始者丸山敏雄先生のお話を中心に講話を始めました。昭和20年8月15日、日本敗戦直後、丸山敏雄先生は日本を建て直すため、上野(列車の終点)で「新生」と言う雑誌を配りました。上野のある社長がそれを共感して、初めて自宅で丸山敏雄先生を招き、朝の講話が始まりました。当日
    雨で、戦後間もなく物不足時代も影響で、聴衆は社長夫婦二人でした。丸山敏雄先生が二人のため、二時間の熱弁で、社長夫婦が感動して、家庭倫理運動をそのような地道な形で徐々に盛んになって来ました。

    その後の「経営倫理講座」が日本のたくさんの著名人が講師になって、経営倫理を普及しています。松下幸之助氏(松下電気初代社長)、早川徳次氏(シャープの初代社長)、山本為三郎氏(アサヒビール社長)、神谷正太郎氏(トヨタ自動車社長)、永田雅一氏(大映社長)、江崎利一氏(江崎グリコ社長)、後手洗毅氏(キャノン社長)など経営者が講師になりました事を幹部研修時、教えて頂きました。

    さらに丸山敏雄先生のお墓の裏に第二の墓地で墓碑を「常居其全(じょうきょきぜん)、意味:いつでも、何処でも一生懸命」と言う丸山敏雄先生の言葉が刻まれていることを教えました。

    苦難は大自然のせい、人のせい、政治のせいにしたら、不幸になり、「常居其全」の気持ちで受容したら、希望が生まれ、幸福に繋がります。三上講師は自分が56歳の時、倫理との出会いの経験を説明して、18年の倫理経験「ハイ」の実践、後利と利他の姿勢で仕事を向かえ、「苦難福門・・・・やればできる」事を分かり易く講話しました。

    今日の参加社数は22社、25名でした。
    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
  • 第519回 経営者モーニングセミナーは、講師に 帯広市倫理法人会 専任幹事、SAMA帯広店オーナー 河村 哲裕 氏をお迎えして、テーマ「 見方を変えてとチャンスを貰う 」にてご講話いただきます。
  • 第919回 経営者モーニングセミナーは、講師に 一般社団法人 倫理研究所 法人アドバイザー 参事 三上 忠男 氏をお迎えして、テーマ「苦難福門・・・やればできる」にてご講話いただきました。

    ■経歴

    ■倫理歴

    ■会場情報
    開催曜日 毎週水曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:00〜7:00まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテルクレッセント旭川2F
    〒070-0035 北海道旭川市5条通8丁目 緑橋通り
  • 第620回 経営者モーニングセミナーは、講師に株式会社小野寺工務店 取締役 小野寺明美氏をお迎えして、テーマ「リーダーの条件。常に問題意識をもつ」にてご講話いただきました。

    ■略歴
    生年月日        昭和13年9月2日
    昭和56年12月21日   (社)倫理研究所 入会
    平成 2年 1月 1日   (社)倫理研究所指導員 拝受
    平成 7年 9月〜12年8月 青年担当
    平成12年 9月〜17年8月 普及開発部 担当
    平成17年 9月      法人スーパバイザー 拝受
    平成20年 1月      倫理経営上級インストラクター 拝受
    平成21年 9月      法人局 参事
    平成22年10月      法人局 アドバイザー

    ■講話内容
    冒頭でこの度のソチ冬季オリンピックで個人銀、団体銅に輝かれた当会会員様でもございます株式会社土屋ホーム葛西選手に対するお祝いと、正に葛西選手のように「あのようになりたい」と思わせる方こそが真のリーダーであるとのメッセージから講話がスタートしました。

    リーダーはまず自身が動き、周りの人が動かずにいられないような状況を創りだす。

    リーダーは次の5つのタイプに分けられる
    ・シラケ型
    ・サシズ型
    ・ヒトリ型
    ・ウルサ型(統計的に一番多い)
    ・リーダー型(あのようになりたい)

    リーダーに必要なものはたった一つ「情熱!!」
    そしてそのタイプは「明るい人」

    明るい人の性格、特徴は次の8つ
    1、考え方が建設的で創造的
    2、難問に直面したことをチャンスに捉える
    3、周りの人々を巻き込んで目標達成していく
    4、人に好かれ、輝いている
    5、精神的にタフで、打つ手は必ずあると積極的
    6、環境変化に敏感で、理念、志は変えず商法、戦術戦略は時代に対応
    7、高い対応力をもっている。十人十色いろいろな考え方にタイプに対応できる
    8、組織における立場を自覚している。経営者としての目的、目標の自覚

    心が明るくなれば、心理的、生理的にも前向きになれる。
    ネクラ人間はその逆。

    本物になるための3つの段階
    1、聞く気になって聞く
      見る気になって見る
      やる気になってやる
    2、心を込めて聞く
      心を込めて見る
      心を込めてやる
    3、素直になって聴く(門の中で聞いているのではなく十四の耳をもって聴く)
      素直になって見る
      素直になってやる

    倫理の学びは「純情(スナオ)」になることを目指す。
    そのためには、明朗、愛和、喜働

    この素直さを取り戻せれば進歩も早く、良い仕事が出来る。

    後始末が大切(気づいたらすぐする)
    今朝も3時前に一時間以上早く目が覚め、その時にどのように考え行動するか。

    早く起きたことに対し「損したな〜」または「ラッキー」
    言葉には魂が入る。

    早く起きれたことに感謝し、昨日名刺交換した方に礼状を4枚書かれたそうで、そのお葉書を「ポストに入れていてはまた時間がかかるので」と私もMS前に頂戴いたしました。

    仕事に追われている人は「労働」
    仕事を追っている人は「喜動」

    最後に倫理は理屈をいくら学んでも変わらない
    実践あるのみ!
    とにかくやってみること!

    小野寺スーパバイザー貴重なお話誠にありがとうございました。
    とても75歳とは思えない若々しさと女性らしさ、そして何より明るく気さくで何かそばにいたくなる在り方は、正に「ふんわりとやわらかで、何のこだわりも不足もなく、澄みきった張りきった心」そのものでありました。

    レポート:副会長 湯浅盛治




  • 第368回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌東倫理法人会 副専任幹事 メットライフアリコ生命保険株式会社 シニアエキスパートコンサルタント 平館 圭介 氏をお迎えして、テーマ「昨日富士研から帰って来ました!」にてご講話いただきました。

    講師の平館様、ご来場いただいた皆様、
    ありがとうございました。
  • 第259回 経営者モーニングセミナーは、講師に一般社団法人 倫理研究所 法人アドバイザー 小野寺 明美 氏をお迎えして、テーマ「良い結果は準備次第」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴

    ■会場情報
    開催曜日 毎週火曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルノースシティ
    〒064-8645 北海道札幌市中央区南9条西1丁目
    TEL:011-521-9748
  • 第599回 経営者モーニングセミナーは、講師に一般社団法人倫理研究所
    法人局教育業務部、企画室チーフ研究員 高橋哲也氏をお迎えして、テーマ「今日の生き方が未来をつくる」にてご講話いただきました。
    ■経歴:神奈川県小田原出身
    祖父母、両親の影響を受け、倫理の学びに触れる。
    ■倫理歴:平成19年4月、社団法人倫理研究所に入所する。平成21
    年4月、法人局普及事業部 企画室、平成22年4月法人局事業部 研究員
    平成23年9月、法人局普及事業部 首都圏方面副方面長、平成24年9月、法人局教育業務部 企画室チーフ
    ■講話内容:倫理を会社や日常生活で活かすための心持やコツをお話しいただきました。心の意識の仕方で、見方が変わる。表情、言葉、態度、体、が変わり、人相、口グセ、行動、性格、健康も変わる。周囲、状況、環境、運命までも変わる。気持ちのこもった心が大事である。など
    心の持ち方、見方、などについて勉強することができました。
  • 第242回 経営者モーニングセミナーは、講師に 小原 ゆみ 氏をお迎えして、テーマ「心と身体に優しいスイーツの魅力」にてご講話いただきました。

    生年月日      1970 年      05月    21日
    出身地     函館市        
    出身校 お茶の水医療学院
    経歴 
    医療関係に携わりながらブライダルの司会業を担当。NHK文化教室「話し方とマナーの素敵なレッスン」の講師として活躍。趣味でお菓子作りを始める中でアレルギー専用に作って欲しいという依頼が多くなり現在のコンセプトである“混じりっ気のない美味しさ”が生まれる。その後、師範を取得し現在はお菓子教室を主催するかたわらカフェにケーキを納品し イベント等で活躍の場を広げる。 また自身の病気をきっかけに薬膳マイスターのライセンスを取得。野菜のお菓子や薬膳カレーなどが人気。無水で作る薬膳カレーは今まで3店舗をプロデュースしています。

    もともとアイスやコーラが好きだった講師
    そういったものを好む生活をしていると病気がちで
    体が弱ると心も乱れ口にする言葉も乱れる
    その状況を意識的に変えるようにしたそうです。

    何でも駄目駄目はストレスになり逆効果
    程よく自分自身をコントロールして食べるのが良い

    食はいかにまじりっけのないものを食べるか。
    それを選択するのは自分
    心の成長と共に考え方を正すと表情が豊かになる。
    おいしいものをよりおいしくたべる。

    口の働きで健康を維持
    健康だから味わうことができる
    心が健康でないとおいしいものがおいしいと感じられない

    今後もスイーツを通して様々な人に元気になってほしいと願う
    とおっしゃる講師でした!


  • 講師 高橋哲也氏プロフィール
     神奈川県小田原市出身
     祖父母、両親の影響を受け、倫理の学びに触れる

     平成19年4月 社団法人 倫理研究所 入所
      育成部へ配属。 富士倫理学苑にて2年間の学修課程を修了
     平成21年4月 法人局普及事業部 企画室
     平成22年4月 法人局普及事業部 研究員
     平成23年9月 法人局普及事業部 首都圏方面副方面長
     平成24年9月 法人局教育業務部 企画室チーフ

     大学時代、教育学を専門に研究、倫理研究所入所後も、公教育、
     教育者の倫理についての研究を行っている。

    モーニングセミナー

     全国で689ヶ所でモーニングセミナーが開催されています。
     金曜日は約130ヶ所でモーニングセミナーが開催されています。
     今もその数は増え続けています。

     意識が変わる、心が変わる
      どのような意識で、どのような心で物事を見るか、読むか、実践するか
      誓うか、で様々なことが変わってくる。

     今日一日本気で
      『今日一日 朗らかに、安らかに、喜んで、進んで働きます。』
      そう思った。
      経験をお話頂きました。
      毎日、毎日、斉唱していた自分がある状況で本気でそう思った。

      その時、感激の涙が出てきた。
     
      違った心持が、違った意識に変わる。

     毎日の活動を少し心、意識を変えて取り組むことが、人生によい変化をもたらすことを教えて頂きました。
     
    大阪府倫理法人会 青年委員長
     朝日 里佳 さんが参加頂き、
     会員スピーチをして頂きました。
    本日、札幌で青年委員会主催の平成維新塾で講話をされるために
    札幌へお越し頂きました。
    全国の仲間が繋がっています。

    是非、皆さんもご参加下さい。

  • 第4回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌市倫理法人会 元会長 プルデンシャル生命保険(株)エグゼクティブ・ライフプランナー 小野寺 勝 氏をお迎えして、テーマ「夢は叶えることができる」にてご講話いただきます。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週金曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 朝食会 7:30〜8:15まで
    開催場所 厚別パークボウル 2F
    〒004-0053 北海道札幌市厚別区厚別中央3条4丁目5-1
  • 第227回経営者モーニングセミナーは、講師にめぐちゃん先生のありがとうクラブ 代表 吉地 恵 氏をお迎えして、テーマ「 驚異のセルフケア めぐちゃん 指ヨガ 」にてご講話いただきました。

    ■講師プロフィール
    1952年09月05日 生まれ

    1976年より34年間
     兵庫県立高校6校で、保健体育科教諭として勤める

    2010年04月より
     ひきこもり、うつの子供達のカウンセリングと指ヨガの普及活動を始め、
     現在に至る。

    現在 めぐちゃん先生のありがとうクラブ 代表
    柔道7段
    全柔連Aライセンス審判員

    ■講和内容
    本日は、メグちゃん先生で親しまれている、吉地恵さまのご講話です。

    医者いらず、薬いらずの指ヨガについてのお話されました。

    指ヨガは、よく言われる「足ツボ」とは違います。両方の手のひらを人間の五体に見立てて、患部をやさしくマッサージするだけです。

    病気怪我を治癒することは出来ませんが、血流をよくし痛み麻痺痺れは確実に取れます。

    血液には免疫力自然治癒力があります。健康で明るく楽しい人生を送りたいものですね。

    高校教師時代は「瞬間湯沸かし器」とあだ名され、口よりも手よりも「回し蹴りが飛んだ」とのことでしたが、現在はとても温厚で親しみやすく、関西人らしくユーモアを交えたとても楽しいお話でした。

  • 第772回 経営者モーニングセミナーは、講師に 前田 克俊 幹事  吉村 正人 幹事 坂本 行祥 会員 代田 嗣尚 副専任幹事 をお迎えして、テーマ「役員・幹事・会員による今年の抱負」にてご講話いただきました。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 
    朝食会  会場ホテル1階 レストランローズ 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテル法華クラブ函館 2F
    〒040-0011 北海道函館市本町27-1
  • 第608回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 モーニングセミナー副委員長 芦野 優子 氏をお迎えして、テーマ「反始慎終〜人生の再建。信成万事〜事業の発展!」にてご講話いただきました。

    ■経歴

    ・1960年7月14日神戸生まれ
    ・両親に幼少の頃から大いに褒めて育てられたため、「根拠のない自信」を身に付けてしまう!?
    ・大学を卒業後洋菓子メーカー「モロソフ」に勤務
    ・24歳でマーケティング本部へ抜擢され、任された予算は年間4億円、イベント企画を中に国内・国外を飛び回る(日本において「ホワイト・デー」初めて仕掛けたプロジェクトを担当)
    ・29歳の時、経済的にも人間関係的にも何の不自由のない生舌をしていたにもかかわらず、 ドラマ「北の国」で知った北海道に憧れ、突然全てを捨て札幌に単身移住
    ・31歳の時、映画「ターミネーター2」の女優リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーの子供を守る母親の姿に感動し、男の子を出産することを決意したのを機に入籍
    ・32歳で決意どおり、難産の末男の子を出産
    ・38歳で離婚後、子育てをしながら平日は国内大手生命保険会社の営業、週末は競馬場で馬券売りをし生計を立てる
    ・41歳で再婚し、その後出会った無店舗ビジネスで起業し年商約20億円、全国を飛び回る
    ・49歳の時ホノルル・マラソンに初挑戦し完走
    ・52歳で2度目のシングルに
    ・2011年にカタログ通販事業、2013年からはバリ島で日本人アーティストの作品を紹介するギャラリー経営をスタート、現在に至る

    ■倫理暦
    2011年12月札幌中央倫理法人会 入会
    2012年9月本L幌中央倫理法人会幹事を拝命
    2012年12月家庭倫理の会 入会
    2013年6月1日おはよう倫理塾100日皆勤達成
    2013年9月北海道倫理法人会MS副委員長及び
    本L幌中央倫理法人会MS委員長を拝命

    ■モットー
    「動けば変わる」ご縁に感謝 Enishi Terima Kasih

    ■講演内容

    <第1章>
    神戸で暮らす28年間
    平成元年より北海道で過ごす25年間余りの人生の本(元)と末。
    両親にたいする想い。

    一般論での「仕事の考え方は父親、人間関係は母親」から
    倫理に出会い「反始慎終」を学ぶ。

    大好きな弟と同い年の倫友が家庭倫理で100日皆勤実践をするということで、
    見守りたい思いから自らも朝5時からの100日皆勤をすることに・・・
    その中での学びにより神戸の父の「足を洗う」実践を。

    父親のルーツを求め鹿児島に赴き、40年以上振りに先祖の墓をみつけお墓参り。

    <第2章>
    起業して経済的なものを手に入れても、それが身に違わぬことであれば
    失う体験から「万世生成」が深く心に染まり、手離れした事業の意味と
    今後の在り方を考えて現在の事業取り組み

    <第3章>
    人の喜びをわが喜びに出来る事業を人生の集大成と願う中、
    ご縁合って、インドネシア、バリ島での事業の提案を日本でのカタログ通販事業
    と平行して行うことを決断、遂行 するも・・

    日本の常識が通じない国での事業の取り組みの中「苦難福門」
    契約書より人を信じること「信成万事」を目下、大奮闘中。

    以上 資料より

    芦野さま、笑いあり、涙あり、人に騙され、されど、人を信じる。
    波乱万丈の人生の講和、ありがとうございました。
  • 第1416回 経営者モーニングセミナーは、講師に 千葉県倫理法人会 県事務長 渡辺会計事務所 所長職 渡辺 光太郎氏をお迎えして、テーマ「倫理と事業承継」にてご講話いただきます。




    ■経歴
    斎藤会計事務所勤務後
    渡辺会計事務所 所長 (平成15年1月1日事業継承する)
    (株)渡辺マネジメントパートナー 代表取締役 (経営コンサルタント業)
    ライトプランニング(株) 代表取締役 (宅地建物取引業 東京都知事(3)第79266号)

    ■倫理歴
    昭和53年 実践部 中学生 夏休み通う
    昭和55年 富士研 高校生セミナー受講
    平成10年 千葉県後継者倫理塾1期生
    平成13年 後継者倫理塾・育成室運営委員長
    平成21年 千葉県青年委員長・後継者倫理塾副塾長
    平成25年 千葉県事務長

    ■講話内容
    渡辺光太郎講師は、2月12日の札幌市倫理法人会経営者の集いの続き、倫理と事業承継のコツを教えて頂きました。

    一代目の渡辺光太郎氏の父、渡辺光雄氏は39歳で国税局・税務署勤務をやめ、仕事を調査して、儲かっている会社の共通点(良く働く:朝早くから夜遅くまで;計画性がある:経営方針戦略)を知り、初代の渡辺会計事務所を設立しました。倫理の勉強で、倫理法人会初の単会会長になった渡辺光雄氏が、厳しい父親から、温厚な人柄になりつつ、倫理指導を受けた後、渡辺光太郎氏の進学、就職に助言だけで、強要がしなかったです。26歳時、渡辺光太郎氏が渡辺入所、仕事上父と口論しながら、会計所の単独責任性から、仕事の内容により分担型に改善、後継者倫理塾一期生に参加(塾長は父の渡辺光雄氏)、卒業後、後継者倫理塾運営委員長にも協力し、39歳の時、渡辺会計事務所所長にバトンタッチを受けました。今は全てのお客さんを引き続き、さらに発展した結果の理由が渡辺光太郎氏が以下に纏めました。

    1.創業期・繁栄期・成熟期になって、衰退期に行かない時に承継のタイミングが掴みよかった。
    2.承継後創業者が経営について口が出ない事も良かった。
    3.二代目の頑張り、見守る環境中の成長も大事だ。
    4.後継者倫理塾の勉強、倫理経営が本気に理解して、取り入れることがとても重要だ。
    今日の参加社数31、参加者33でした。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
  • 第518回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌大谷大学 社会学部 地域社会学科 教授 和田 佳子 氏をお迎えして、テーマ「 若者が夢を抱ける社会に〜先を歩く私たちに出来ること〜 」にてご講話いただきます。
  • 第918回 経営者モーニングセミナーは、講師に 旭川大学 地域連携コーディネーター 大西 一博 氏をお迎えして、テーマ「 操縦教育における純粋倫理 」にてご講話いただきました。
  • 第619回 経営者モーニングセミナーは、講師に奇跡の連鎖 代表 紺野大輝 氏をお迎えして、テーマ「限界を超えたら、感動が待っていた!」にてご講話いただきました。

    ■略歴
    1976年、札幌市手稲区生まれ。脳性麻痺という障害を持って生まれ、「この子は一生歩けない」と医師から宣告される。4年間の入院生活の末、歩けるようになる。1996年、ホノルルマラソン初挑戦では、12時間かけるも40キロ手前でリタイア。2008年、50人の仲間と再挑戦し11時間で完走する。その様子は、映画「天国はつくるものpart2〜奇跡は起こり連鎖する編〜」に収録されている。2009年、富士登頂に2泊3日で成功する。2010年、「奇跡の連鎖」を立ち上げる。現在は、ホノルルマラソンなどのイベント企画・講演・カウンセリングを行っている。

    ■講和内容
    生まれる前から障害があると宣告の中、ご両親が「大きく輝いて欲しい」との強い想いを込め大輝と命名され誕生。
    ご両親の厳しい訓練(現代なら虐待と言われそうな)の結果、普通学校に入学。
    マラソン大会にもどんなに遅くても完走するなど、やればできると自信をつけ、練習でくじけそうな時もご両親は「選択したのは自分」と他人、環境、障害のせいにしない自分に育ててくれたそうです。
    ご両親の厳しい訓練、真の愛情を受け高校に進学。

    しかし高校マラソンは45キロ時間制限の壁にぶつかり挫折を経験する。
    そんな中、ホノルルマラソン時間無制限の情報を知りチャレンジ。
    どんなに時間がかかっても歩いて完走すると決め挑んだが、35キロ地点の坂道からどんなに頑張っても前に進めず40キロ手前で30分間泣き続けリタイヤ。

    「やっぱりどんなに頑張ってもできないことがあるんだ」ととても大きく挫折し、20代は自分にブレーキをかける日々が続いたそうです。

    32歳てんつくマンとの出会いが転機となる。
    ホノルルマラソンを誘われたが以前のトラウマから断っていたが、「迷ったら迷わず楽しい道へ」の言葉に2ヵ月後のホノルルに向けてトレーニングを開始する。

    40キロ地点で先に完走した仲間の応援で逆にペースが上がる経験をし完走。
    仲間の力を痛感
    限界を感じた時は一人で頑張らず、仲間の力を借りることの素晴らしさをお話されていました。

    そして、あきらめない理由として、目先の自己の利益、他人との比較以上に人生観とのリンクすることのパワフルさをお話しされていました。

    仲間づくりのポイントは、「応援してください」ではない。
    本気で生きている人には自然に応援してくれる仲間ができる。
    人々が見たいのは本気で生きている人。

    夢はかなう、どんな時でも!

    紺野様、素晴らしいメッセージありがとうございました!
    レポート:副会長 湯浅盛治
  • 第598回 経営者モーニングセミナーは、講師に 絵本作家イラストレーター、こぐれけいすけ 氏をお迎えして、テーマ「考えること、行動すること、継続すること」にてご講話いただきました。
    ■経歴:1973年札幌市生まれ。東京のデザイン事務所に3年勤務後、フリーのグラフイックデザイナーとしてポスター、パンフレットなど、主に紙媒体の広告を多数制作。2010年絵本製作を開始する。
    2011年学研より「おならローリー」を出版。その後デザイン制作と絵本製作を平行して活躍中である。
    ■倫理歴
    ■講話内容:生きていると様々な困難に直面する。そんな困難も3年後には笑えるものであると思います。絵本作家になるまでの紆余曲折な場面など、今考えると人生に彩りを添えてくれる、かけがえのない道程だったと話をしてくれました。考えること→今の自分を見る→渇望を感じる→進む方向が見える→行動する→失敗する→成功への確立が上がる→継続する→何度も失敗する→成功への確立がどんどん上がる→そして成功する。人生はクローズアップで見ると悲劇だが、ロングシヨットで見ると喜劇である。とこぐれけいすけ氏はお話してくれました。
  • 第241回 経営者モーニングセミナーは、講師に 一般社団法人倫理研究所 名誉専任研究員 林 輝一氏をお迎えして、テーマ「〜人生の岐路に立ったときどうする〜努力か運命か」にてご講話いただきました。

    倫理と出会う前までは問題が起こったら楽なほうを選んでいたという講師
    その考えが変わる倫理との出会い
    最初は奥様が通い出だしたことにより変わった家庭内
    それは奥様が朝起きという苦しいほうを選んだから。
    しかし自分は通わない
    家庭は良くなっても仕事は良くならない。
    意を決して奥様と通いだしてからも苦難の連続。
    命がけで倫理と真正面に向き合い
    常に問題が起きたら苦しいほうを選択し楽なほうを捨てる。
    そうやって問題を解決してこれたのも倫理の学びのおかげ
    いまは、いろんな人に倫理によって幸せになってほしいと願い
    多くに自分の体験を伝えることが使命になっているそうです。


  • 講師略歴
    1958(昭和33)年08月 札幌市生まれ
    1977(昭和52)年03月 北海道立札幌西高等学校卒業
    1985(昭和60)年03月 札幌医科大学医学部卒業
    1985(昭和60)年04月 札幌医科大学医学部泌尿器科学教室入局
    1985(昭和60)年11月 王子総合病院泌尿器科勤務
    1987(昭和62)年01月 札幌医科大学医学部泌尿器科研究生
    1988(昭和63)年06月 市立室蘭総合病院泌尿器科勤務
    1989(平成01)年08月 札幌医科大学医学部泌尿器科研究生
    1991(平成03)年04月 札幌医科大学医学部泌尿器科助手
    1992(平成04)年05月 北見赤十字病院泌尿器科部長
    1993(平成05)年07月 札幌医科大学医学部泌尿器科助手(外来医長)
    1994(平成06)年04月 札幌医科大学医学部泌尿器科助手(病棟医長)
    1994(平成06)年07月 医学博士の学位授与
    1994(平成06)年09月 ヘルシンキ大学(フィンランド)に留学
    1995(平成07)年09月 札幌医科大学医学部泌尿器科助手(医局長)
    1997(平成09)年07月 札幌医科大学医学部泌尿器科助手(外来医長)
    1997(平成09)年12月 札幌医科大学附属病院退職
    1998(平成10)年01月 札幌医科大学医学部泌尿器科非常勤講師
    1998(平成10)年02月 岩澤クリニック開院
    2001(平成13)年12月 医療法人札幌会設立
    講話内容
    「 患者さんの言葉は神のことば 」
      患者さんの言葉から学び
      患者さんからパワーをもらう

    患者さんから学んだこと
     できる患者さん=できる社会人
      外面       内面
       姿勢がよい    明るい
       動作が鋭敏    積極的
       声が大きい    くよくよしない
       おしゃれ     趣味がある
       朝が早い     情報がる

    WHO4つの健康
       肉体の健康
       心の健康
       社会との関係の健康
       精神的健康  

    健康寿命を伸ばす方法

    早死に
     タバコを吸っている人ではなく
     お酒を飲みすぎている人ではなく
     ストレスのある人ではなく
     ◎友達が少ない人 ⇒ 早死に

    本番に強い人

    成功している人

    人とかかわって質の高い時間をすごすこと
    医療人にとって大切なこと

    全ては患者さんから学んだこと

    上記内容のことを、具体的に伝えて頂きました。
    真に健康に、いきいきとした人生の仕事を学ばせて頂きました。
    詳しく知りたい方は是非 モーニングセミナーにご参加下さい。
  • 第226回 経営者モーニングセミナーは、講師に一般社団法人倫理研究所 名誉専任研究員 林 輝一 氏をお迎えして、テーマ「 即行(朝起き)・明朗 −人生が変わる― 」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    昭和07年 大阪市東成区で生まれる
    昭和30年 福井大学 工学部卒業
    昭和30年 三京化成株式会社入社
    昭和30年 脱サラ。大洋漁業株式会社マルハ配合飼料販売特約店として起業
    昭和41年 社団法人倫理研究所 大阪支所 入会
    平成03年 学校法人常盤会学園監事(現在に至る)
    平成04年 廃業。03月より社団法人倫理研究所、入所、専任講師(60歳)
    平成12年 専任研究員
    平成14年 社団法人倫理研究所を定年退職、生涯局、参事(70歳)
    平成19年 同所 法人局に移籍、法人局参事(75歳)
    平成22年 法人アドバイザー
    平成23年 09月より法人局 名誉専任研究員

    モットー
    座右の言葉:真心と熱意
    モットー:子ども5人、孫9人、人呼んで「倫キチ一家」。‘倫理すっきやねん!’を合言葉に、元気で明るいスマートな倫理普及をモットーとしている。

    ■講話内容
     林 輝一 氏は毎朝、朝起きを続けて40年になります。この朝起きと明朗で人生が変わると言われました。(朝起きとは目が覚めたら起きると言うことです)これらは植物に例えると木の根っ子であり根がしっかりしていると葉や枝が折れたりしても木は倒れませんし生きています。
     倫理では純情を(すなお)と読みます。純情には、直ぐに行動に移すという火のような燃える側面と、人から言われたことを受け入れる水のような側面があります。 
     妻がまず、仮定倫理の会に通い始めて家庭がよくなって行きました。私が行けば仕事が良くなるのではと思い妻が入会して焼く1年後に私も通うになりました。
     夫婦は共通点(趣味など)が有ると良いですね。良いところも悪いところも全て肯定して合致していくので離れなくなっていくのもです。私もこの事に気が付いて41年。家庭倫理の会に通っています。

  • 第771回 経営者モーニングセミナーは、講師に 役員・幹事・会員による今年の抱負と題してご講話いただきます。
    久保一夫監査・大竹昌尚副会長・東野保光幹事・宮川友里会員 計4人

    テーマ「年頭所感」

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 
    朝食会  会場ホテル1階レストランローズ 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテル法華クラブ函館 2F
    〒040-0011 北海道函館市本町27-1
  • 第607回 経営者モーニングセミナーは、講師に 一般社団法人倫理研究所 法人アドバイザー 参事 岡村 健一 氏をお迎えして、テーマ「笑いは生活の調味料」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 4月〜11月
    6:00〜7:00まで
          12月〜 3月 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 とかち館(旧寿御苑)
    〒080-0017 北海道帯広市西7条南6丁目2番地(JR帯広駅より徒歩15分)
  • 第1415回 経営者モーニングセミナーは、講師に (有)ヒューマン マネージメント コンサルタント 代表取締役 全国社会保険労務士政治連盟 副会長 岸田 晴樹 氏をお迎えして、テーマ「プラス1(one)で生きる」にてご講話いただきます。





    ■経歴
    小樽商科大学部卒業
    三菱鉱業(現三菱マテリアル)(株)
    恵和ビジネスフォーム(株)取締役
    北海道印刷工業組合 専務理事
    岸田経営労務事務所 代表取締役
    (有)ヒューマン マネージメント コンサルタントへ社名変更 
    現在に至る
    公 職
    さっぽろ旭山うた祭りの会 会長
    よさこいソーラン祭り組織委員会 副会長
    (社)日本医業経営コンサルタント協会北海道支部 顧問
    他移動社会保険労務士政治連盟 会長
    全国社会保険労務士政治連盟 副会長

    ■講話内容
    78歳11ヶ月の講師岸田氏は小樽商科大学部卒業後、給料が一番高い三菱鉱業(現三菱マテリアル)(株)へ入社し、その後印刷会社へ、32名の従業員から、170名まで延びて、さまざまな経験と47種資格を獲得して、今のヒューマンマネージメントコンサルタントの仕事に生かしています。
    若い時出版した「気力経営―プラス1があなたを大きく伸ばす」と「気力のセールス―市場氷河時代を生き残る96のキメ手 」をプラス1の造語を作って、プラス1イコール知恵を持つ豊かな人間です。そのプラス1は今まで企業の指導に役に立っています。

    岸田先生の経験で、会社経営を成功するため、専門家のみの知識だけでは足りないです。トータルの知識を求めています。先生は獲得した資格の知識と自分の知恵で、さっぽろ旭山うた祭りの会会長、よさこいソーラン祭り組織委員会副会長、(社)日本医業経営コンサルタント協会北海道支部顧問、他移動社会保険労務士政治連盟会長、全国社会保険労務士政治連盟副会長の公職を持ち、著書に書いている「決め手」を社会貢献に奉仕しています。

    最後に、岸田先生は馬年に走り出す時代が来る様に期待すると前向きの気持ちを伝えました。

    今日の参加社は26社、31名でした。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
  • 第517回 経営者モーニングセミナーは、講師に 株式会社三五工務店 代表取締役 田中 寿広 氏をお迎えして、テーマ「 ナイスワン 幸夢店をめざして 2014 」にてご講話いただきました。

    普段社内で使われている挨拶「お元気様です!」と田中社長の元気な挨拶から講話がスタートしました。

    家を建てる人の夢を叶え幸福にしたい。
    そんな想いを込め「工務店」ならぬ「幸・夢・店」を目指す『三五幸夢店』!

    お客様に良い家を提供する為には先ず自分の足元を見なければならない、社員さん、お取引先さんの健康と元気そして地域社会と皆が幸せになる会社を目指しています。

    中小企業における経営者の立場はとても重要、健全な経営をする為には健康で気力に満ちている事が必要、毎朝4時半に起床しウォーキングとストレッチ、腹筋、スクワットで体の調律を整える。

    日常の生活の中に「いと」と「イメージ」を持つ事が大切
    ⇒これをする事でどんな良い効果が得られるか、良いイメージをして行動する事で良い決断に繋がる。
    例え小さな成功や満足でも積み重ねて行く事で大きな差になるのが原理原則なので、意識を持って信じ続ける事が大切だと教えて頂きました。

    そして、職場では社員の皆さんをとても大切にしている田中社長だと感じました。
    講話の中で「顧客満足度を上げる事は当たり前!」その前に「社員満足度」を最大化する事が田中社長の経営の重要な要素の一つとおっしゃっていましたが、当日は沢山の社員さん達が田中社長の応援に駆けつけていました。
    講話後、田中社長と社員さん達の会話を目にしても信頼しあっている良い関係が見え田中社長がお話しして頂いたままの会社だと納得しました。

    最後に35項目に渡る田中社長厳選の三五語録2014を頂きました。
    この中から一つでも二つでも自分自身の実践としたいと思いました。

  • 第917回 経営者モーニングセミナーは、講師に 工藤贈答品株式会社 代表取締役 工藤 哲男 氏をお迎えして、テーマ「怒るな、働け、命ある限り」にてご講話いただきました。
  • 第618回 経営者モーニングセミナーは、株式会社朝日サービス 代表取締役社長 丸山清光氏をお迎えして、テーマ「なんとかせいっ!」人生わが師 人間力 島岡吉郎にてご講話いただきました。

    ■略歴 
    1953年 長野県生まれ(現在60歳)
    1972年 長野県立上田高校卒業
    1976年 明治大学商学部卒業
          朝日新聞社入社
          販売部長、宣伝部長、販売局次長を歴任
    2011年 株式会社朝日サービス 代表取締役社長
          星澤会長のご紹介で札幌中央倫理法人会入会
          現在に至る

    座右の銘 情熱に勝るものなし 日々鍛錬

    ■講和内容

    倫理法人会に入会されてから丸2年、なにも倫理らしいことはしておられない、との事ですが、さすが、臨場感溢れた講話をいただき、内容はまさしく倫理そのもの!
    講話内容が大変に濃いのでレジメに沿って、講話の報告をさせていただこうと思います。

    名門明治大学在学中は、あの伝説の監督、故島岡吉郎氏の元で野球というより
    「人間力」を学ぶ。
    「野球の前にまず人間の修養を積め」(人間力を養え)
    「ここは明大野球部合宿所ではない、人間形成の修養の場と思え」
    昭和27年、明治大学野球部監督就任依頼、一貫して生徒に人間力を徹底的に教え込む島岡監督。
    現在に至っては、故に20以上の大学の校風標語に採用されるまでになった「人間力」を教育の場に反映させた発想の生みの親か?とまで想像してしまいます。
    現代の大学にはほとんど少なくなくった「寮生活」は、人間形成の基本、挨拶、人への思いやりを育成できる場所である。
    「悪貨は良貨を駆逐する」(グレシャムの法則)
    ここは私の感想を。これは人間力、人間性を最も表す言葉ですね。昔から国家の存続のために当たり前のように使われ、悪の枢軸の根源とも言われたこともあり、現在も「それ」がまかり通っているのが現実です。
    改めて再認識が必要と思います。だからこそ!倫理観を持った学びが必要な時代なのですね。
    「旧来の陋習を破れ!」(時代の流れとともに古いしきたりを変えろ!)
    陋習(ろうしゅう)?とは「悪い癖」というような意味です。
    悪い癖は、自分が一番知ってます。組織も悪しき習慣、意味なき習慣がありますね?
    それを破らないと前進はない!ということです。
    「明大野球部の存在意義は早慶を倒すことである!」(早慶戦の勝利は男冥利)
    「(技術×練習×元気)+その日の調子」(島岡式勝利の掛け算+α方程式)
    ベストを尽くして最後は、あとはその日の調子次第と言う、そこに味があるんです!
    データを取ってトライ!データを取ってトライ!毎回その繰り返し。
    目標を達成するためには、一途に、無邪気に、そして緊張感を限界点にまで引き上げる事!
    野球も仕事も全部同じである。
    「選手起用は技術が同じレベルだったら下級生を起用する」(島岡式選手制度)
    「実るほど頭を下げる稲穂かな」(勝っても奢る者はこの組織には不要だ)
    「社会に出たら労働基準法なんかないもの思え、ひたすら働け」(採用してくれた企業に恩返し)
    ここには、尊重と感謝と奉仕の精神が試される事柄と感じたところでした。人を育み育てるには、一流の所で精一杯やれる事をやる!監督自ら背中を見せて部員に示した情景が、よく伝わってきた逸話でした。
    「一事入魂」(一時が万事に通ず)
    全てのことに魂をこめる!心の中の純粋な目的意図が伝わります。
    「初任給でいい酒を買え。寝る前に一日を振り返り一杯やれ」
    (我に帰り、振り返れ)
    そこには反省もあるのかもしれませんが、我に帰って自分を客観視する見つめなおす、一日を完了させる事。リセットして明日の朝には新規一転して臨める。この下りは感銘を受けました。
    そして最後。
    丸山副会長は講話の冒頭、若くしてお子様を失くした父親母親の壮絶な体験から、講話が始まりました。その悲しみは想像を絶する事を伺うには十分でした。
    しかし、見事に立ち直り今は、"多くの人々に美味しい酒と見事な腕前の手料理を振る舞い"、人の喜びが集まる人生を最高に謳歌されてる方なのです。

    人間として最大の「苦難」と思われる、我が子の死。
    そこから「福門」を切り開いたきっかけとなる、一言が「師」の言葉。
    講話の最後の段は
    「なんとかせい!!」

    「師」は人生そのものを作り上げるために、なくてはならない存在。
    大きな愛と尊重と信念、人間としての豊かな感性。
    様々な場面で師を持つことは、揺るぎない土台を持つ事につながる。
    そしてそれは次の世代に引き継がれてこそ、自他共に開花されて行くものなのでしょう。
    受けた事は、次に繋げる。真性の伝承、親子の引継、事業の後継、教育の普及、。
    倫理法人会の普及とはそこに現れているのでしょう。
    ありがとうございます。

    レポート:幹事 鉢呂敏之

  • 第367回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 モーニングセミナー副委員長 札幌中央倫理法人会 モーニングセミナー委員長 株式会社クララ代表取締役  芦野 優子 氏をお迎えして、テーマ「反始慎終〜人生の再建。信成万事〜事業の発展!」にてご講話いただきました。

    芦野様、ご来場いただいた皆様、
    ありがとうございました。
  • 第258回 経営者モーニングセミナーは、講師にオープンハートの会 会長 古市 佳央 氏をお迎えして、テーマ「人の使命とは」にてご講話いただきます。

     「やんちゃな」少年だった高校一年の春、バイク事故で、重度熱傷41%という、生死をさまよう大やけどを負うが、奇跡的に命を取り留める。
     自らの変わり果てた姿に絶望し、真剣に自殺を考えるが、その後3年間に渡る治療を通じて、さまざまな入院患者とのふれあいを経験し、再び生きる希望を取り戻す。
     退院後は、一般社会の人々の好奇と嫌悪、同情の視線にさらされ、逆に精神的な強さがつちかわれる。
     現在は、障害者と健常者の垣根をなくし「生活の質」の向上を目指す、「オープンハートの会」の設立・運営や、自己の体験を通じて得た命の大切さや出逢いのすばらしさを伝えるため、全国での講演活動を行っている。
     全国各地の小学校や高校、大学に招かれての講演活動にも力を注ぎ、様々な分野でパネラーとしても招かれている。
     全国講師オーデション2013でグランプリを受賞し日本一の講師となる。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週火曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルノースシティ
    〒064-8645 北海道札幌市中央区南9条西1丁目
    TEL:011-521-9748
  • 第597回 経営者モーニングセミナーは、講師に 旭川市倫理法人会 会長 (株)メデイア代表取締役 宮本秀貴氏をお迎えして、テーマ「体験報告〜多くの気づき」にてご講話いただきました。
    ■経歴:昭和31年11月富良野にて生まれる。昭和55年4月大学卒業後OA機器メーカー販社に就職、平成元年10月旭川にて独立、平成18年3月代表取締役に就任する。
    ■倫理歴:平成10年8月旭川市倫理法人会 入会、平成17年9月旭川中央倫理法人会、専任幹事拝命、平成23年9月北海道倫理法人会副幹事長、平成24年9月北海道倫理法人会事務長拝命、平成25年9月旭川市倫理法人会 会長拝命
    ■講話内容:倫理法人会でお役をいただき、会員皆様の「お世話」させて頂いております。明朗・喜働・愛話の実践を通して、身についた自分の儘をがりがり削ろうと奮闘していることなどをお話され、自分の儘の甲羅が堅く苦しい思いを毎日苦闘している事などの体験を交えながら実践している事などを話されました。