• 第579回 経営者モーニングセミナーは、講師に メグちゃん先生のありがとうクラブ代表  吉地 惠 氏をお迎えして、テーマ「指ヨガ・セルフ・ケアで笑顔で元気な毎日を!」にてご講話いただきました。

    ■経歴:1952年神戸生まれ、大学卒業後1976年より兵庫県の県立高校で、保険体育教諭として勤務
    ■倫理歴:札幌中央倫理法人会会員
    ■講話内容:教師をしていたときに、日々増えていく不登校、引きこもりの子度たちに対して、自分の役割を見つけ、57歳で退職し、カウンセラーとして活躍する。手のひらからだの全てが存在し、その部分を揉みほぐすだけで、セルフケア、体調管理ができることを広く皆さんに伝道しとして習得してもらい皆さんが健康で笑顔ある生活を送ってもらいたいと全国を回っていますと氏は話されていました。実際に指をほぐし左右、上下の視覚範囲を実験してみるとよくわかりました。血流を素直に流れるようにすることで殆どの症状が改善される指ヨガに只驚かされてしまいました。最近の実例も紹介して頂き、思った以上に効果が出るので氏驚く位とのことでした。私も肩こりで頭痛していましたがお陰さまでスッキリすることができました。ありがとうございました。
  • 第223回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 普及拡大副委員長 黒田芳朗 氏をお迎えして、テーマ「倫理の実践」にてご講話いただきました。

    昭和34年6月  北海道札幌市に生まれる
    昭和53年3月  札幌北陵高等学校卒業
    昭和55年3月  札幌経理専門学校卒業
    昭和55年4月  三箇(株)入社
    昭和60年3月  (株)丸ウ黒田商店入社
    平成 5年1月  (株)丸ウ黒田商店 代表取締役に就任
    平成 9年7月  (有)ロッキーシステムズ設立 店舗名「ロッキー」
    平成16年3月  (株)パルコム設立
    平成18年3月  店舗名「ビックリッキー」に変更

    ≪倫理歴≫ 
    平成20年11月  札幌中央倫理法人会 入会
    平成21年 3月    同上      幹事
    平成21年 9月  札幌東倫理法人会  副会長
    平成22年 9月    同上      専任幹事
              北海道倫理法人会 普及拡大副委員長
    平成23年 9月  札幌東倫理法人会  会長・法人レクチャラー
    平成25年 9月  北海道倫理法人会 普及拡大副委員長

    ■講話内容
    平成20年に職場の教養を見て、社員を変えたくて入会
    入会当初は人付き合いが苦手で、
    「お酒はどこにでもあるから無理せずにそこらへんで買ってくれ」
    といってしまうくらいでした。

    業績が落ちる中で自分の心持が業績にも影響するのだと気づき、
    社員に倫理とは何かをわかってほしくて大村SVにお話をしてもらったそうです。
    社員への話が終わったあとに大村SVに髭を生やしているのは自分に自信がないからだから剃れといわれ、すぐに剃ったそうです。

    それから大村SVにはいろんなことを教わったそうです
    1.人生とは出会いと学び
    2.(自分を)人と比べたら駄目だ
    3.腹を括る
    4.相手を信じること
    5.絶対にあきらめない
    6.約束を破らない

    等々いろんなアドバイスを受け実践していくと
    苦難がおとずれても、周りの協力者が出てきて解決する。

    今年のお役は副委員長なので
    NO.2のNO.1を目指して倫理をしっかりと学んでいくと野目標を掲げて日々実践していくとのことでした。
  • 第208回 経営者モーニングセミナーは、講師に札幌豊平倫理法人会 事務長 ダンスファッション 優美 代表 井出 裕美 氏をお迎えして、テーマ「陸続きなら、どこまでも!」にてご講話いただきます。
    ■経歴
     昭和46年11月 北海道羽幌市に生まれる。
     昭和62年03月 札幌東高等学校卒業
     平成04年03月 静修短期大学秘書課卒業
     平成04年04月 (株)セイコーマート本部入社(商品部バイヤー)
     平成17年03月 セイコーマート退社 翌日社交ダンス始める
     平成20年02月 ダンスファッション雅 店長 
     平成21年12月 JBDF日本ボールルームダンス連盟プロインストラクター取得
     平成23年06月 移動型社交ダンス専門店 ダンスファッション優美 設立

    ■倫理歴
     平成23年03月 札幌豊平倫理法人会 入会
     平成24年07月 札幌豊平倫理法人会 幹事
     平成25年09月 札幌豊平倫理法人会 事務長

    ■講話内容
     ダンスの出会いは会社の納品先で初めて社交ダンスと出会い、前職を退職した翌日に社交ダンスを始めたそうです。優美 代 表  井出 裕美 氏は何故社交ダンスにのめり込んだかを以下のように述べました。何もないところに物を提供する。(セイコーマート時代)ダンス用品も同じ考えになった。
     ・ダンスドレスが非常に高い。→ 本場用でなく練習用に安いドレスが有るはずだ。
     ・自分で低価格の商品の販売を始めようと思った。
    この販売を始めるには恩師の会社を辞めることになるので裏切りになると悩んだそうです。そのころに倫理と出会い入会しますが悩みは続きました。そして平成維新の会に出て勉強をします。
     今は倫理に出会ったことに喜びを感じているそうです。
  • 第589回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌中央倫理法人会 会長 山本 敏幸 氏をお迎えしてテーマ「丸山敏雄先生に学ぶ成功法則」をご講話いただきました。

    丸山敏雄先生に出会い27年、実行・実証・実強・実践した体験をお話していただきました。

    氏は以前対人恐怖症 赤面症 原因不明の病気にかかり仕事ができず、お金もなく毎日死ぬことだけを考えていたそうです。

    倫理に出会い仕事も健康も自由自在になったといいます。

    倫理の成功法則を学び実践をしました。

    ・毎朝3時に起きる
    わがままを取り去った暮らし方 目が覚めたらさっと起きる。
    経営者に必要な直感力を鍛えた。

    ・気づいたらすぐする
    気付いた時気軽に喜んでさっと処理する。気づくと同時に行う
    これは成功の秘訣・健康の秘宝である。

    ・己を尊ぶの極は捧げるにある。人の喜びがまことの喜びである。
    児童虐待 子供を助けたいという思いで退職金全財産をかけ
    児童養護施設NPO法人キッズドリームパートナーズを設立。子供にすべてをささげ子供の喜びが自分の喜びであるといいます。

    最後に倫理は一生の友人をつくる場所です。とおっしゃいます。

    仕事時間を使わない、脳が一番疲れていない時間の最も効果的な勉強会です。
    次回はぜひ会場にお越しくださいませ。

    山本 様、本日ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。
  • 第1398回 経営者モーニングセミナーは、講師に 株式会社ウタ・Laboレーション 代表取締役 歌原 由佳氏をお迎えして、テーマ『引き寄せの法則研究』にてご講話いただきます。





    ■経歴
    1970年 広島生まれ
    1989年 フェリス女学院大学文学部英文科入学
    1992年 イギリス フランスに留学
    1993年 フェリス女学院大学文学部英文科卒業
    1996年1月 札幌にてブライダルデザイン会社 有限会社シナノデコール設立
    デザイナー兼代表取締役社長就
    2000年 (有)シナノデコール社長退任 (有)オフィス秋篠野社長就任
    2004年 (株)オフィス秋篠野 役員就任
    2006年2月 (株)オフィス秋篠野より「イリスデコ」として独立

    ■倫理歴
    当会会員

    ■講話内容
    北海道倫理法人会女性委員長、株式会社ウタLaboレーション代表取締役、歌原由佳氏が「引き寄せの法則研究」のテーマで、彼女の人生経験を語ってくれました。

    広島出身の歌原氏が、外見で一目で見ると、明るいので、講話の内容も明るかったです。...

    歌原氏はフェリス女学院文学部英文科勉強中、イギリスとフランスに留学(本人は遊学と言う)、卒業後、空間・環境デザイナー秋篠野安生を母に持ち、幼少の頃より花に親しみ、テーブルコーディネートやインテリアデザインを学ぶ、札幌で初自分の優れたセンスを生かして、有限会社シナノデコールを設立、デザイナー兼代表取締社長就任しました。仕事を順調にした25歳時、家庭を持ちたい気持ちで、今のご主人と出会い、三ヶ月口説きされ、入籍しました。ご主人のお爺さんが松尾ジンギスカンの創設者松尾政治氏でした。歌原氏が子供の頃から知っていた成功者の一人で、縁を感じたと本人が言いました。

    歌原氏は自分の才能を松尾ジンギスカンの改革に生かして、店舗の環境、女性好みのメニューまで、松尾ジンギスカンのイメージを一新して、北海道の食文化の一つとして根付かせる松尾ジンギスカンを、東京へ進出し、松尾ジンギスカン中で役が持っていない大役者でした。話の中、松尾政治お爺さんの経営才能、従業員の適材適用のことを感謝と満足の気持ちを伝えて来ました。

    「引き寄せの法則研究」中と自称している歌原氏は、空間・環境デザイナーとして、明るい性格と明るい仕上がる仕事の内容、引き寄せの法則の見本として教えていただきました。楽しい講話、ありがとうございました。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567

  • 第499回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 副幹事長、FPプロダクツ株式会社 代表取締役 千葉 雅可 氏をお迎えして、テーマ「ご恩返し!」にてご講話いただきました。

    ■講師プロフィール
    1971年 北見市生まれ
    1973年 父の転勤で札幌市手稲区に居住
    1992年 札幌トヨタ自動車(株)入社
           14年の営業経験を生かし
    2006年 三井住友海上火災保険(株)代理店契約 (株)栄輝プロダクツ設立
           AIGスター生命保険(株) 専属代理店契約
           NPO法人札幌青少年育成会理事 琴似武道館柔道部指導員 副部長
    2009年 札幌市立新陵小学校 PTA会長 拝命
    2012年 あんしんFP株式会社 北海道支社 支社長(生保代理店)
           (株)栄輝プロダクツ社名変更 FPプロダクツ(株)代表取締役(損保代理店)
      現在に至る


    ■倫理歴
    2009年4月16日  札幌手稲倫理法人会 会長 拝命
    2011年9月 北海道倫理法人会 副事務長 拝命
    2012年9月 北海道倫理法人会 副幹事長 拝命(2期目)
    2013年9月 北海道倫理法人会 副幹事長 拝命(3期目)



    ■講話内容

    手稲倫理法人会の立ち上げの会長をさせてもらいました。
    たまたま現高橋普及拡大委員長から「ぜひうちの会で手稲の立ち上げてくれないか」と言われたのがキッカケでした。
    しかし、朝の六時半と聞いて大丈夫か?と思いましたが
    高橋さんが「千葉くん野球やってるしょ?大丈夫だよね!」と言われ「はい、大丈夫です。」と言ったのが始まりでした。

    当時は会長がいましたので、事務長と言う役を拝命いたしました。
    事務長の連絡報告と言うものは硬い内容なのですが、
    私の場合は一言必ず付け加えてたんですね。
    恐らくそれで、人前で喋るの好きなんだな、と思われたと思うんです。

    そして実際に手稲が立ち上がると鳴った時に、当時の手稲の会長が辞める事になったんです。
    その時高橋さんに「お前の時代が来た。」と言われ会長をさせていただきました。

    最初は会長挨拶しなきゃいけないし、何喋って良いんだろうと思いました。
    日本人は何で国語を学ばなきゃ行けないんだと、思ってたくらい国語が好きじゃないんですが、初めて最後まで読んだ本が万人幸福の栞です。
    当たり前のことを全部書いてるなって思ったいましたが、同時に自分が変わらなきゃいけないんだ。とも思いました。


    私のFacebookは柔道と家族の事ばかりですが、生命保険の代理店業をやっております。

    北見の方に生まれましたが、すぐに手稲に引越ししまして、実家も手稲、今の住まいも手稲なんです。

    60人くらいに柔道教えてます。

    中学生の時、母が病気で父が単身赴任でしたので、母の面倒を見るために働きたい、と思いましたが
    当時は学歴が大事だったので、高校は行けと言われました。

    自動車短大受けて、その後トヨタに入って十年間営業を続けました。
    営業の仕事は、お客さんから電話をもらう事が大事です。オイル交換でも車検でも良い。自分の事を覚えてもらっている証拠です。
    お客様にありがとうございます。と言われる事できちんとした誠意を魅せれたなと思いながら学ばさせていただきました。

    なぜご恩返しかと言うと
    去年富士研に行きまして、妻に感謝の手紙を書く機会がありました。
    妻に対して書くと遺書見たくなったのですが、渡すと「書かされたの?」って言われました。
    本心から書いた事を伝えたので、四人目か?と思ったけどけど出来なかったです。




    全てのビジネスは紹介にあります。
    我侭なら誰も紹介してくれない。

    腹が立ってる人がいたら、腹立たせてるのは自分なんだと思うようになった。
    自分に言い聞かせています。自分が変なことをしたからだと。

    していただいたことは忘れない。
    ご恩返しの人生を貫きます。

    最後までご清聴ありがとうございました。
    [幹事 安藤正之]

  • 第899回 経営者モーニングセミナーは、講師に(株)綜和 代表取締役 大村 秀明氏をお迎えして、テーマ「やればできる」にてご講話いただきました。

    ■講話内容
    一歩前へでる勇気。そして思いは叶う、打つ手は無限にあるのだ、逃げるな




    開催曜日 毎週水曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:00〜7:00まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテルクレッセント旭川2F
    〒070-0035 北海道旭川市5条通8丁目 緑橋通り
  • 第600回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 副会長 (株)ネクシス光洋 代表取締役 寺林 修 氏をお迎えして、テーマ「自分が変わると言う事」にてご講話いただきます。ご講話いただきます。

    ■プロフィール
    1957 6月 北海道旭川市東鷹栖13線24号に生まれる(農家)
    1976 3月 北海道立旭川工業高等学校卒業
    1991 4月 株式会社光洋測量設計入社
    1992 6月 株式会社光洋測量設計代表取締役に就任(二代目)
    2004 4月 株式会社ネクシス光洋に社名変更
    2005 4月 上川調査設計協会理事就任
    2008 4月 北土地積共同組合理事就任

    ■倫理歴
    1996 4月 旭川市準倫理法人会入会
    1996 5月 副専任幹事就任
    2000 9月 北海道倫理法人会副幹事長就任兼専任幹事
    2001 9月 北海道倫理法人会研修委員長就任兼旭川市専任幹事
    2003 9月 北海道倫理法人会普及拡大副委員長就任兼旭川市専任幹事
    2004 9月 旭川市倫理法人会会長就任
    2004 10月 旭川中央準倫理法人会会長就任
    2005 7月 旭川中央倫理法人会会長就任
    2005 9月 北海道倫理法人会普及拡大委員長就任
    2008 9月 旭川市倫理法人会相談役就任
    2009 9月 北海道倫理法人会普及拡大副委員長就任
    2011 9月 北海道倫理法人会副会長就任
    2012 9月 北海道倫理法人会普及拡大委員長就任
    2013 9月 北海道倫理法人会副会長就任
  • 第349回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌手稲倫理法人会会長、(株)ネオランディング・(株)りんけい代表取締役 小林 泰巳 氏をお迎えして、テーマ「今の働きは天職」にてご講話いただきます。
  • 第240回 経営者モーニングセミナーは、講師に 千歳市倫理法人会会長 ヘアースタジオ ナガモリ 代表 長森 聡 氏 氏をお迎えして、テーマ「明朗・愛和の習慣と想像力」にてご講話いただきました。
  • 第578回 経営者モーニングセミナーは、講師に 田中燈一法律事務所 弁護士  田中燈一氏をお迎えして、テーマ「倫理との出逢い、そして新しい出発」にてご講話いただきました。

    ■経歴:昭和27年 紋別市で出生、昭和52年北海道大学法学部卒業 昭和61年、田中燈一法律事務所開設、
    ■倫理歴:平成24年6月、札幌豊平倫理法人会に入会、平成25年8月北海道レクチャラー拝命、平成25年9月札幌豊平倫理法人会 会長拝命
    ■講話内容:札幌豊平倫理法人会の三澤会長と偶然出逢い、誘われて豊平のMSに参加、その後市内や出張先の東京でのあちこちの単会のMSに出席「万人幸福の栞」の愛読者となる。場や物に敬意を持って感謝する心、挨拶する心を東京のすし屋で職人さんの姿を見、お祈りすることが全てのものに感謝する心の大事さを改めて知ることが出来ました、祈りには目に見えない効用効果がある、万象我師からも知ることができますと氏は話しておられました。氏は話し方もソフトで楽しみながら話しておられる姿が印象的でした。ありがとうございました。
  • 第221回 経営者モーニングセミナーは、講師に シンガーソングライター 桜庭 和 氏をお迎えして、テーマ「人と和する音楽」にてご講話いただきます。

    ■講師プロフィール
    981年11月24日 北海道美深町生まれ 江別市育ち
    2005年シングル「あなたに見せたくて」でデビュー。
    レギュラー番組、FMノースウェーブ「桜庭 和のMorning Set」(毎週土曜日朝09時30分)でパーソナリティを務め、乳がん検診啓発のショートムービー「1枚のコイン」では俳優として主演も務めるなど活動は幅広い。

    ■講和内容
    僕の学生のころの成績はよくなかったと
    でも、なぜ音楽に携わるようになったのか?
    そこを中心に講話いただきました。

    松風塾高校に進学し、韓国のハンセン病の人にマンドリンを聞かせる機会があり、その中で音楽によるぬくもりと血の通った時間を共有することで音楽はすごいと初めて思ったそうです。

    その後、医療の道に進み実習先にとあるミュージシャンが来て、患者と音楽でのふれあいの中で自分たちには見せたことのない笑顔に、改めて音楽はすごいと感じ、すぐに行動に移す。

    23歳ミュージシャンになることを決意

    今の活動は病院や障碍者施設に行き歌を歌うこと。
    その交流の中でとある障害を持った人と出会い「僕の奇跡」という歌も作ることができた。
    そうした活動をしていくうちに毎日いろんな思いを抱いて、言葉で伝えられないことを歌にすることが、音楽という存在なんだと感じたそうです。

    音楽活動をしていく上で支えになっている言葉がある
    小津安二郎さんの言葉

    どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う。

    芸術=音楽なので自分がやりたいこと
    どのように人様に音楽が役立てられるのかを基本に夢を一つ一つかなえられるように、音で恩返しをしていきたいとおっしゃっていました。
  • 【札幌豊平】第207回経営者モーニングセミナー テーマ「」の予定 2013年09月19日(木)

    第207回 経営者モーニングセミナーは、講師にレストランマッカリーナ  
    取締役  菅谷 伸一 氏をお迎えして、テーマ「人で築き上げた17年」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    昭和33年04月28日生
    1985年 有限会社 ラパンフーヅ モリエール入社
    1987年 渡仏
    1990年 有限会社 ラパンフーヅ モリエール再入社
    1997年 マッカリーナのシェフとして現在に至る
        株式会社 マッカリーナ取締役

    ■講話内容

     最初、東京のお店を任されていたが家賃が非常に高く最初の内は売上が追いつかなかった。後々何とかなり後任に任せる。これが良い経験をしました。語られました。
     その後、真狩村に来るわけですが、都会から田舎へ。
    小さな町なので失敗は許されないと思い緊張して仕事をしているそうです。

     最初の頃
      農家に行っても野菜類を仕入れようとしたが、お前は誰だ!と言われた。(レストランの事を理解していなかった)5〜6軒の農家さんを回った。

     今は
      不作の時でも良いものを探してくれるようになったそうです。
      農家さんからは何がいるのと聞かれるようになった。でも、それを作っても売れるかどうかわからないとも答えた。でも作ってくれるそうです。
      また、世代代わりの農家さんともうまくお付き合いが出来ているそうです。

     人とは真剣に付き合うこと。
     人とのお付き合い、繋がりが大切。
     そんな中で
    今は人を雇うのも大変な時代になっていると実感していて、若い人には言いすぎるとつぶれるので、理解出来るまで何日もかけてレクレーションをしたりして伝えるようにしているそうです。

    一生懸命やってきた。人とのつながりを大切にしてきた。
    美味しい料理を作るのは当たり前。
    北海道のために何か出来ればと思っている。
  • 第752回 経営者モーニングセミナーは、講師に
    函館市倫理法人会 副会長   堀抜 享  氏 
    函館市倫理法人会 副専任幹事 代田 嗣尚 氏
    函館市倫理法人会 幹事    小林 裕司 氏
    函館市倫理法人会 幹事    吉村 正人 氏
    をお迎えして、テーマ「今年の抱負」にてご講話いただきます。
    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテル法華クラブ函館 2F
    〒040-0011 北海道函館市本町27-1
  • 第588回 経営者モーニングセミナーは、ビデオ研修 万人幸福の栞 第6条 子女名優 となっております。
  • 第1397回 経営者モーニングセミナーは、講師に 陸上自衛隊 第11旅団指令部 第十一旅団長 陸将補 有吉 登聖氏をお迎えして、テーマ「『茶道とリーダーシップ』にてご講話いただきます。





    ■経歴
    防衛大学 国際関係論専攻
    【 陸 将 補 指 定 職 】
    平成23年3月〜 陸上自衛隊普通科部長
    平成22年3月〜 第8師団 副師団長
    平成21年3月〜 陸上幕僚監部 法務官
    平成19年9月〜 東部方面総監部 副長

    ■倫理歴

    ■講話内容
    陸上自衛隊第11旅団司令部第十一旅団...陸将補有吉登聖(ありよしたかまさ)氏の「茶道とリーダーシップ」講話がありました。

    陸上自衛隊制服を着て来た有吉登聖氏、今回の話が自衛隊の防衛問題ではなく、有吉登聖氏個人の趣味でもあり、武者小路千家流茶道家元直門相伝(全国200名しかない)教授として、茶道の心構え、修養法、実践により、リーダーシップの育成と今の仕事と一致する話をしました。

    茶道の話がちょっとずつ聞いたことがあるけど、茶室の設置、環境、道具の準備、全て自分でやらないといけない、またはお客さん来る前、迎えから送り出しまで、22の流れもあり、お客さんへのおもてなし心とサービス精神を奉仕するため、48時間準備の時間が掛かるときもあり、「茶道では茶を点て、喫するは枝葉末節、礼譲の要を修むるを根本となす」を聞いて、茶道の難しさと奥深さを知りました。

    有吉登聖氏は旧男爵家22代当主、「職業の思い=武門は家業」と思って、今の自衛隊の職は最適と思って、「リーダーシップとは統べる者と統べられる者の人間関係、両者の間に圧倒的な識能の隔絶と人間としての差が歴然としていなければ成立しえない」の信念で、自分に対して「知識・技能の差+人格の差」は「長い自学研鑚・実践陶冶が必須」で、「謹言・慎独・居敬・謹険」を幹部の心得とし、「刻々留心・敬神崇祖・作務」を修養法で、自分と部下に要求と実践しました。

    立派な人の誕生も、自らの自覚と努力を感じ、感銘する講話でした。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
  • 第498回 経営者モーニングセミナーは、講師に (社)倫理研究所 法人スーパーバイザー、北海道倫理法人会 相談役、株式会社綜和 代表取締役 大村 秀明 氏をお迎えして、テーマ「 明朗」にてご講話いただきました。

    【講師プロフィール】
    昭和27年2月  北海道苫前町生まれ 
    昭和54年5月  (有)綜和工業 設立(特殊土木業)
    平成2年10月  綜和工業(株)に組織変更
    平成14年10月 (株)綜和に社名変更(特殊土木、産廃収集運搬)

    【倫履歴】
    平成 8年9月 札幌市倫理法人会 入会
    平成15年9月 北海道倫理法人会  会長
    平成16年1月  倫理経営インストラクター
    平成19年9月  北海道倫理法人会 相談役
             (社)倫理研究所 法人スーパーバイザー
    ■生活心情
    「一歩前へ」

    万人幸福の栞とは、みんなで幸せになることが目的
    根っこにあることを外さないこと。
    人間一度には変わらない。日々実践をしていくことで変革していく。
    自分の足りない事を考えれば苦しくなる。心配があってもトップは常に明朗でなければならない。苦難をどう捉えるか?受け止めるて進むか?それが一番大事。
    受け止めなければグチや言い訳になる。

    (幹事 安居潔人)

  • 第898回 経営者モーニングセミナーは、「平成26年度 辞令交付式・会長抱負」を行いました。


    ■会場情報
    開催曜日 毎週水曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:00〜7:00まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテルクレッセント旭川2F
    〒070-0035 北海道旭川市5条通8丁目 緑橋通り
  • 第599回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会会長 (株)土屋ホールディングス取締役会長 土屋 公三 氏をお迎えして、テーマ「倫理と使命感経営」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    職  歴
        昭和35年 4月 レンゴー株式会社入社
        昭和44年 6月 土屋商事を創業
        昭和45年 3月 有限会社丸三土屋商事(当社と合併)設 
                 代表取締役社長 就任
        昭和51年 9月 (株)丸三土屋建設
              『昭和57年8月 株式会社土屋ホームに商号変更』設立 
                 代表取締役社長 就任
        昭和57年 6月  株式会社土屋ホームトピア設立
                 代表取締役社長 就任
        昭和61年10月  株式会社土屋ツーバイホーム設立
                 代表取締役社長 就任
        平成 6年 4月 有限会社土屋総合研究所設立
               『平成15年12月 株式会社土屋総合研究所に商号変更』
                 代表取締役社長 就任(現任)
        平成12年10月 株式会社アーキテクノ取締役 就任
        平成13年11月 当社代表取締役会長 就任
        平成15年 9月 株式会社土屋ホーム東北取締役 就任
        平成20年11月 株式会社土屋ホームから株式会社土屋ホールディングスに
                 商号変更
        平成23年 1月 当社取締役会長 就任 (現任)

    賞  罰
        平成16年 6月 国土交通大臣表彰(建設事業関係功労者)
        平成20年11月 黄綬褒章受章

    他の団体役員  公益財団法人ノーマライゼーション住宅財団 理事長

    著書に、「不動産教室」「マイホーム教室」「生きがい、やりがいを育てる」、監修として、「3KM生涯幸福設計」「使命感経営」「21世紀人のための『大いなる生き方』」等がある。


    ■講話内容
    当日、輪読した万人幸福の栞の第2条の「苦難福門」にまつわる土屋会長ご自身の体験はとても心に響くお話でした。

    家族の介護からさまざまなことを学ばれたと仰る土屋会長。
    「最後はすべて受け入れること。ただし、受け入れただけでは福門にはならない。」と、苦難を福門に変える秘訣をお話しくださいました。

    また、2ヶ月間、神社に通い、そこで神の声を聞き、ご自身の名前である「土屋公三」という名前から、自分の歩む人生を教えられたそうです。

    そして「今日は(昨日までよりも)最高の経験を持っている日。そして、(明日よりも)最大の若さを有している日である。」と、今日この瞬間を大切にすることを学ばせていただきました。

    土屋会長は、毎朝、3時台に起きて学ばれてきたそうです。
    「朝起きる」ことで、惰性を断ち切り、また、「朝起きる」ために、さまざまな誘惑を断ち切る。

    「朝起き」の大切さも、実践されている方のお話だからこそ、深く、心に響いたのだと思います。

    本当に、素敵なご講話でした。

    土屋会長、ありがとうございました。


  • 第348回 経営者モーニングセミナーは、講師に (株)トヨタレンタリース新札幌リース部営業1課課長 石井 良弥 氏をお迎えして、テーマ「滝川100kmウォークに参加して」にてご講話いただきます。
  • ピュアグリーンコーポレーション株式会社
    代表取締役 栗田美鳥様

     栗田さんは苫小牧の錦岡生まれ、3歳の時に札幌に引っ越して、それから札幌で活躍されておられます。本日は幼少期のころから、会社を経営するようになるまでの話を、お父様の思い出を交えてお話いただきました。

    _____________

     父は厳しい人でした。自衛隊をケガで退官したあと、理髪店を苫小牧で開業し、その後、札幌で化粧品会社の営業所の開設に携わりました。その時、3歳の私も一緒に札幌に来ました。学校を休むことは一切認めてもらえず、中学、高校と一度も休んだことはありません。いまの頑丈な体はそうやって作られたのかもしれません。中学ではバトミントン部と生徒会活動、高校に入ると生徒会活動に全力投球し、大学ではバンドを組んで全道のステージを演奏して回りました。その間、高校入試と大学入試に失敗して、その後、スチュワーデスの試験にも落ちていますから、いざというときの試験には全部落ちたことになります(笑)

    就職では青木商事に採用してもらいました。アオキボウルというボウリング場の会社だと思っていましたら、ススキノ一のキャバレーでした。そこで、支配人としての教育を受けました。たくさんのホステスをとりまとめて、必要であればショーの司会を行い、たまにヤクザの出所祝の接客もさせていただきました。あれは初心者にはできませんからね。何人かのホステスは男に暴力を振るわれて、子供を連れて逃げてきていました。そういった人のお世話をしたこともあります。
     
     ススキノにはいろいろなママがいます。骨肉腫で右手を肩から落としたかた。彼女が絶望の淵にいるとき、子供に「お母さんの右手がなくなったって、お母さんが生きていればいいんだよ」と言われて正気を取り戻したといいます。子供さんがダウン症に水頭症を併発されたかたもおります。

     人は苦悩すればするほど磨かれるのだなと思います。苦悩するから愛が得られるのだなと思います。愛がなければ生きることにはならないと思います。人生のいろいろなことがらは、愛を得るため、愛を分かち合うためにあるのだと思います。スタイリスティックスの「愛が全て」という歌が、だから、大好きです。

    ♪ I can't give you anything. But my love… / “Can’t give you anything” by Creatore Luigi
    僕は君に何もあげられないけれど、僕の愛、僕の愛情なら与えられるよ…

     2006年にお店を開きました。お店は4店ありますが、は全部「ピュア」という名前をつけています。母がピュアな人だったということと、自分もピュアな気持ちを持ち続けたいと思うからです。
    _____________
     生き馬の目を抜くススキノ、ここにお店を4件も経営されている女性社長と聞けば、どんな辣腕社長だろうかと想像してしまいます。ところが、栗田美鳥社長は正反対の本当にピュアな心を感じさせてくれる方です。それだからお店は繁盛して、私たちもまた通っちゃうんですね。ご講演ありがとうございました。
  • 第577回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌豊平倫理法人会 幹事 合同会社Cookingロマンス 代表取締役 小関章子氏をお迎えして、テーマ「大きな夢と小さな積み重ね」にてご講話いただきました。

    ■経歴:1979年札幌にて生まれる
    北海道文教短期大学「調理専攻科」「食物栄養科」卒業
    2009年合同会社 Cookingロマンスを設立
    お菓子・パンの料理教室を経営
    ■倫理歴:札幌豊平倫理法人会 平成25年9月 幹事拝命
    ■講話内容:経営者である前に人間としての大切な「愛」について話していただきました。
    ◆企業理念
    「愛」を中心に「食」で笑顔に、ともに「感動を」
    ◆社訓
    一、愛と喜びと感動
    一、できる方法を考える
    一、「与える」を先にやる
    夢をかなえるために小さなことをやる。そのためには愛がなければならない。     
    「三日坊主」でも3日おきに再開すれば一年のうち半分はできていることになる。     
    マインドがなければ道は間違えてしまう、目的のためのマインドが必要で、マインド次第で先が変わってくる。
    出会いの中で生かされていることに感謝しています。
    生きているもの全てに愛と感謝をさせてもらっています。何事においても愛を持った心で接することが大事であることを教えていただきました。ありがとうございました。
  • 第221回 経営者モーニングセミナーは、講師に 一般社団法人 倫理研究所 北海道東北方面 副方面長 与縄智久  氏をお迎えして、テーマ「企業の発展は健全な家庭づくりから」にてご講話いただきました

    ■倫理歴
    昭和57年 熊本県生まれ
    平成17年 社団法人 倫理研究所入所
    平成20年 法人局 教育事業部
    平成21年 法人局 普及事業部 企画室
    平成23年 法人局 普及事業部 近畿方面副方面長
    平成25年 法人局 普及事業部 北海道東北方面 副方面長

    ■講話内容
    二年ぶりに札幌手稲での講話
    前日に当会事務長よりどこでもしゃべったことのない話を御願いしますとの、リクエストに答えた内容からスタートしました。

    その内容とは、、、

    創始者丸山敏雄が書いた著書「無痛安産の書」について
    お産とは人生のスタートで自然の恵み、泣いて出てくるが喜んで生きる権利をもらえるのだと。だからお産も痛くないのがよい。

    しかしどうだろうか?
    毎日喜んで生きているだろうか?
    振り返ってみると少ないのではないかと。
    毎日喜ぶためには、歴史や祖先が子としての自分を作っているのだと実感することだと。

    その一例としてとある会員とのやり取り
    倫理始動を行なったとある会員に、
    先約優先の実践と、両親を許すという指導をするように伝えたそうです。
    その会員は1ヵ月後にお墓参りを計画するも病気で中止
    その後連絡も取らずに1年がたったときに、状況を聞いたそうです。
    そうすると会社の利益が3倍になっていいたそうです。

    講師は何をしたのか聞いてみたところ
    朝型への転換、在庫の整理、などを行なったそうです。
    また、その時の場で気がついたことを実践したそうです。
    そして両親の墓参りをして両親がいつもそばにいるということを感じたそうです。

    淡々とお話しする講師の語り口調に、参加した皆さんは真剣に耳を傾け
    講師がおっしゃった「今日一日喜んで生きていく」ということを実践しようと感じた講話になりました。



    ■会場情報
    開催曜日 毎週金曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 二十四軒バスターミナルビル3F
    〒 063-0801 北海道札幌市西区二十四軒1条4丁目6−3 二十四軒ターミナルビル3F
  • 第206回 経営者モーニングセミナーは、講師に一般)倫理研究所 法人会 法人スーパーバイザー 株式会社 ホテル原田 代表取締役 原田 善征 氏をお迎えして、テーマ「従うことのできぬ者、指令すること叶わぬ」にてご講話いただきます。

    ■経歴
     宮城県岩沼市生まれ
     昭和18年11月16日生
     昭和44年 原田旅館開業
     昭和48年 増築「ホテル原田」に組織変更
     昭和57年 新館落成
     平成13年 ホテル原田inさくらオープン
    ★主な役職
     岩沼市防災連絡協議会   会長
     宮城県ホテル旅館生活環境衛生 同業組合常務理事

    ■倫理歴
     平成元年   県南準倫理法人会    入会
     平成03年   県南準倫理法人会    会長
     平成05年   仙南倫理法人会     会長
     平成10年   仙南倫理法人会     会長退任
     平成13年   宮城県倫理法人会    会長
     平成18年   宮城県倫理法人会    会長退任
     平成18年09月 法人スーパーバイザー
     平成23年   宮城県倫理法人会    会長
     平成24年   宮城県倫理法人会    会長退任

    ■講話内容
    最初に津波の話から始まりました。日本で大きな津波が来たのは沖縄で84.5mを記録していて、世界では1958年にアラスカで525mの津波が記録されているそうです。

    次にリコーの竹下氏の話をされ、竹下氏は出向でホテルに派遣され、その時に皿洗いもして従業員の心をつかみ黒字にしてリコーに戻った後は役員になられたそうです。

    原田さん社長になるために旅館を始めました。これは奥様を女将として働かせて自分は楽をしようと考えたからだそうですが、実際には朝早くから市場に、行き皿も洗い、非常に大変だったそうです。

    倫理法人会のモーニングセミナーをホテル原田で行うようになったのですが、初代会長が半年、二代目会長が1年で辞めてしまい、三代目会長にさせられたそうです。そして、会長あいさつの時は一人もいなく、また、倫理に全然興味も無かったそうで、当然会員も集められなかったようです。
    また、旅館で一番かかる経費は料理人の給料であるため、その経費を削減するために自分で料理を作るようになったそうです。
    最初はダメでしたが、食べ歩いたり、料理人に聞いたりして腕を上げたそうです。


  • 第587回 経営者モーニングセミナーは、講師に 帯広市市議会議員 上野 敏郎 氏をお迎えして、テーマ「とかち人物歴史館」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    昭和22年4月12日 山形県鶴岡市で生まれ

    東洋大学文学部教育学科卒
    富士火災保険株式会社入社
    帯広市市議会議員

    ■講話内容
    上野氏は障害者と健常者が共学できる幼稚園を帯広市につくりたいと、昭和62年4月に帯広市議選に立候補し1票差で当選されました。

    好きな言葉「温故知新」(昔のことをよく学び、そこから新しい知識や道理を得ること。また、過去の事柄を研究して、現在の事態に対処すること。)その視点で取り組まれてきた町づくりの課題をお話しいただきました。

    帯広はなにもないと言う方が多い。歴史はたった130年だが歴史があるは歴史を残し積み重ねてきたからである。帯広には、新しいモノが多いが、もっと、残すエネルギーがあるとさらによくなると考えておられ、十勝を作った人々から、多くのことを学ぼうと「とかち学講座」も有志の方と取り組んでいます。
    晩成社のこと、最初の小学校のことなども話されました。

    「残す力は創る力」だという考えから「(仮称)とかち人物歴史館」をつくりたいと言います。

    とかちの歴史について住んでいるのになにも知らない自分に気づかされ、じぶんたちの町、帯広の歴史を、もう一度調べようか、誇りにしたいなという雰囲気が盛り上がりました。

    上野 様、本日ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

  • 第1396回 経営者モーニングセミナーは、講師に 心をいやす占い館 代表 隅内 びし 氏をお迎えして、テーマ『生かされて生きる恩恵』『びしのハートフル開運講座』にてご講話いただきます。





    ■経歴
    平成13年12月 帯広広小路に「心をいやす占い館」開店。
    「物を売らないのが占い」「おどかさないのが、占い」をモットーに、夫婦で従事。
    平成19年 2月 夫、肺がんにて死去。その後、本人も大病の為休業。
    11月 鑑定室を自宅に移し、入退院しながら対面鑑定続行。
    平成21年 8月 店舗での営業再開(白石区南郷通7丁目南6-5)
    平成23年 7月 開業10周年を機に店舗にての対面鑑定終了。フリー活動。
    TV・ラジオ・イベント他、出演多数

    ■倫理歴
    当会会員

    ■講話内容
    当会の会員、心をいやす占い館代表、隅内びし先生が、「生かされて生きる恩恵」の講話がありました。

    北海道十勝出身、東京でいろいろな人生を経験し、住友生命保険相互会社,新宿支社法人室室長になった時、急性肝炎で退職に追い込まれました。その後、ご主人と一緒に埼玉県減農薬栽培指導の会社を作り、人生の充実と至福の時間を過ごしました。

    平成13年に、ふるさとのお母さんのそばで親孝行したいの願いを実現、ご主人の独学と特別な感性で、帯広広小路に「心をいやす占い館」を開店、自分も夫からの伝授と研究で、55歳肺がんで夫が他界した後でも、引き継ぎ鑑定室を自宅に移し、対面鑑定を行いました。平成23年開業10周年を機に店舗にての対面鑑定終了し、フリー活動を行っています。

    「生かされて生きる恩恵」の講話後、「びしのハートフル開運講座」を開きました。手相や名前などの生命力を語り、「人生の転ばぬ先の杖に、自分を知ることは、自分を磨く第一歩です」と語って、良い未来を作るための方向性を指導しました。

    人々は生まれながらの使命感を持っています。早く自分の使命感を知り、無駄のない人生を送るための、いい勉強になりました。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
  • 第497回 経営者モーニングセミナーは、講師に (社)倫理研究所 法人アドバイザー、都機工株式会社 代表取締役 長橋 護氏をお迎えして、テーマ「倫理は我が社の羅針盤」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    昭和41年 都機工株式会社を創業
    “やってみよう”の一言を経営の磯に、
    業界オンリーワンを目指す。

    ■倫理歴

    昭和55年       倫理法人会       入会
    昭和62年 9月    松戸市倫理法人会  会長
    平成 2年 9月    千葉県倫理法人会 副会長
    平成10年 1月    (社)倫理研究所    経賞倫理インストラクター
    平成12年 9月    千葉県倫理法人会  会長
    平成14年 1月    (社)倫理研究所    上級インストラクター
    平成14年 9月    (社)倫理研究所    法人局 法人スーパーバイザー
    平成24年 9月    (社)倫理研究所    法人局 法人アドバイザー

    ■講話内容
    倫理法人会では倫理経営を学んでいます。一丸となる経営。
    一枚岩と言う言葉がありますが、どういう風にしてなるのでしょうか。

    一つは挨拶を徹底する。そして挨拶はさせてもらうもの。返礼を求めるものじゃないという意識です。
    二つは、ドレミファソのソの挨拶。
    ソの音の高さの声で挨拶をすると言う事です。


    人間が持っている願望には、突き詰めると四つにまとめれると言われます。

    褒められたい、認められたい、役に立ちたい、愛されたい。この四つです。
    相手の長所を見ていないと出てこない言葉があります。
    プラスの言葉を言う事です。言葉に消しゴム聞かない。刺さった言葉は消えないですから。


    倫理法人会心の栄養をもらえる場所。そして前に進める会です。

    最後までご清聴ありがとうございました。
    [幹事 安藤正之]
  • 第897回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北鎮記念館元館長 平塚 清隆氏をお迎えして、テーマ「北鎮記念館と私」にてご講話いただきました。

    ■講話内容
    陸上自衛隊旭川駐屯地内にある、北海道開拓や旧陸軍第七師団に関する資料を保管、展示する資料館の成り立ちや自衛官である自身が同館の館主となる逸話を披露。
    明治時代、旭川を開拓した先人たちの足跡を軽快な口調で面白く、楽しく講話いただきました。難しい北海道開拓史をとても分かり易く説明してくれるところは流石でした。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週水曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:00〜7:00まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテルクレッセント旭川2F
    〒070-0035 北海道旭川市5条通8丁目 緑橋通り
  • 第598回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌中央倫理法人会会長 星沢クッキングスタジオ主宰 星澤 幸子 氏をお迎えして、テーマ「食の実践こそ喜びの運命に」にてご講話いただきました。

    ■講師プロフィール
    北海道南富良野町生まれ
    1971年 名寄短期大学栄養科卒
        横内クッキングスクール勤務
    1976年 札幌テレビ
        「星澤さちこのクッキングメモ」出演
    1980年 ズームイン朝出演開始
    1984年 夫の転勤で広島市に移住、料理教室開催
    1985年 広島テレビ出演
    1991年 札幌に帰る
        どさんこワイド120「奥様ここでもう一品」出演開始
    2000年 若田光一氏の宇宙食味噌汁開発、提供
    2001年 ホクレン夢大賞、農業応援部門大賞受賞
    2002年 どさんこワイド212の料理コーナー長期生出演がギネス世界記録に認定
    2007年 小惑星「HOSHIZAWA」国際天文学連合に登録
    2009年 東久邇宮文化褒賞受賞
    2011年 9月21日連続出演回数5000回
    2011年 醤油地域貢献賞受賞
    2013年 北海道産業貢献賞受賞

    ■講話内容
    玄米+味噌汁で、放射能は体から出すことができる!?
    輸入食品は、運送料もかかっているはずなのに、なぜ安い?
    輸入食品が日本に届くまで。
    遺伝子組み換えの食べ物のお話。
    心の病が食べ物を手作りに変えただけで治る!?
    などなど。
    人が生きていくうえで欠かせない「食」に関する、興味深いお話が盛りだくさん。

    また、簡単にできる、お味噌汁の実践もあり、あっという間の40分でした。

    何を食べるか?
    どういう食べ方をするか?

    たくさんのものを入れる必要はない。

    自分の体をいたわるには、「すぐできる」「ただでできる」ことが多い。
    食生活だけでなく、自分の生活全般を見直すきっかけになる素晴らしいご講話でした。
  • 第347回 経営者モーニングセミナーは、講師に NPO法人「チェンバロ一音一会」理事長、現代版北前船プロジェクト副代表 明楽 みゆき 氏をお迎えして、テーマ「先人の智慧と情熱!北前船物語〜チェンバロの音色とともに〜」にてご講話いただきます。
  • 第238回 浅沼直樹様「人生神劇」
    オリジナルワークス有限会社
    代表取締役 浅沼直樹様



     全国の建築業界を震撼させた耐震偽装事件における、札幌の主犯格の名前が同姓で、そのことで非常に嫌な思いをしたことがあるそうです。仕事における倫理というものを考えていた時に、倫理法人会の名前を知り、名前に惹かれて入会したとおっしゃいます。本日は倫理に入会した6年間について、「人生神劇」というテーマでお話いただきました。
    _____________

     倫理法人会に入会して6年になりますが、その間に300回以上の講演を聞くことができました。全部覚えていて、全部その通りにできているということはないのですが、その中で最も印象に残っている方を3人挙げるとしたら、植松電気の植松努専務、作家の神渡良平氏、日本理化学工業の西川工場長です。赤平という過疎の町から世界に発信する力、脳梗塞と闘病生活から立ち上がった力、知的障害者に社会的な責任を授けた力、これらはとても自分にとって有意義な話でした。

     母の話です。母は父と別れて別々に住んでいました。別れる前にも子供がいたようですし、別れたあとも何度か再婚をしたようです。その母が胃ろうを作って札幌の病院に入院しました。夫という人が毎日介抱に来てくれています。倫理法人会で学んでいなかったら、どうでしょうか、おそらく許せていなかったと思います。倫理法人会は「人は変わらない、人は変えられない、変わることができるのは自分だけ」、ということに気づかせてくれました。毎週日曜日にお見舞いに行くのが日課になっています。夫という人にも感謝できるようになりました。

     人間関係や仕事関係の様々な事象を「好き−嫌い」「必要−不必要」という軸にプロットすると面白いことが見えてきます。以前の自分は、これらをはっきりと分けていました。そうしたほうがいいとも思っていました。ところが、最近はあまりはっきりしない、真ん中くらいのところが増えてきました。老子にもあるように、有と無、難しいと易しい、長いと短い、高いと低い、これらは全て相対的な概念で、音と声も互いに調和し、前と後もお互いがあってはじめて存在できるのだと思います。

    価値観というのは相対的なものだということです。それを議論しても始まらないですし、何もかも決めつけてしまう必要はないと考えるようになってきました。年をとったのかも知れません。ある人の人生を変えてあげたいと思ったこともありました。手を尽くして変えてあげられたと確信したこともありました。しかし、そうはなりませんでした。結局のところ、自分がどう変わっていくのかということでしかない、そういうことを気付かされた6年間だったと思います。

    _____________
     このほかにもPTA会長としてのご活躍、仕事に取り組む姿勢、お金にまつわる物語、浅沼社長にはタップリとお話を聞かせていただきました。倫理法人会で勉強されたことだけではなく、仕事や家族や地域のことでもたくさんの貢献をされてこられたのだと感じ入りました。ご講演ありがとうございました。
  • 第751回 経営者モーニングセミナーは、講師に 函館市役所 環境部環境総務課 主査 池田 直樹氏 主任主事佐藤 弘康 氏をお迎えして、テーマ「家計にも環境にもやさしい省エネ生活」にてご講話いただきます。


    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテル法華クラブ函館 2F
    〒040-0011 北海道函館市本町27-1
  • 第576回 経営者モーニングセミナーは、講師に 岩手県倫理法人会 相談役  又川俊三 氏をお迎えして、テーマ「心の経営〜感動の調べを世界に!〜」にてご講話いただきました。

    ■経歴:高知県出身
    クラフトグループ会長
    ■倫理歴:岩手県倫理法人会 相談役
         倫理経営上級インストラクター(第10号)

    ■講話内容:仲間と始めた会社が倒産し、借金返済のため事業を
          スタート。
    滝口長太郎さんとの出会いから倫理法人会に入会する。
    「倫理との出会いがなければ逃げ惑う人生であった」と思います。
    「教育はすべての業務に最優先」「感動経営」
    などについて勉強しました。
    ありがとうございました。
  • 第220回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌中央倫理法人会 会長 星澤幸子 氏をお迎えして、テーマ「企業の発展は食育にあり」にてご講話いただきました

    北海道南富良野町生まれ
    クッキングキャスター・料理研究家
    星澤クッキングスタジオ主宰

    1971年S47 名寄短期大学栄養科卒
    横内クッキングスクール勤務
    1976年S51 札幌テレビ「星澤さちこのクッキングメモ」出演
    1980年S55 ズームイン朝出演開始
    1984年S59 夫の転勤で広島市に移住、料理教室開催
    1985年S60 広島テレビ出演
    1991年H3  札幌に帰る
    どさんこワイド120「奥様ここでもう一品」出演開始
    2000年H12 若田光一氏の宇宙食味噌汁開発、提供
    2001年H13 ホクレン夢大賞、農業応援部門大賞受賞
    2002年H14 どさんこワイド212の料理コーナー長期生出演がギネス界記録に認定
    2007年H19 小惑星「HOSHIZAWA」国際天文学連合に登録
    2009年H21 東久邇宮文化褒章受章
    2011年H23 9月21日連続出演回数5000回
    2011年H23 醤油地域貢献賞受賞
    2013年H25 北海道産業貢献賞受賞

    平成26年どの最初のモーニングセミナーは
    今期札幌中央倫理法人会の会長に就任するテレビでも有名な星沢幸子氏にご講話頂きました。

    サブタイトルで「世界で最高の財産の活かし方」ということで
    人間の生き方で最高なことは朝早く起きるということ。
    早寝早起きをすることで、どれだけの効果が得られるのか
    苦境に立たされながら成長することが人を育てる。苦労を知らない人は人を知らずのうちに傷つけるそうです。

    現在の世の中は自殺が多いけど、食べることに興味があれば死んでいる場合じゃないと思うんだと。食にきょうみを持たすことが重要だと。

    万人幸福のしおりに照らし合わせて食を考えると

    1、人は案外浅知恵であり一番大事なもの、自分を粗末にする
    人は食べすぎ飲みすぎが多い。食べ方が一番大事。
    必要なもの以外は食べない、必要以上に食べないこと
    端の持ち方などのマナーも相手に対する印象が違うので大事

    2、肉体は心の入れ物で
    会社は社長がニコニコしていれば幸せ。
    体調が崩れたら周りを不幸にする。不平不満を言わずにまず笑うこと。

    3、気づいたらすぐにする
    体にいいこと、いろんなことは良いと思ったらすぐにする

    4、自分を大切にすること
    自分をほめてあげる、自分を気持ちよくすることが大事
    失敗しても愚痴などを言わない

    5、その人の心の通りに境遇が変わる
    全ての物事は自分が決めている、悩むことはない、困ったら誰かに相談することで道は必ず開ける

    倫理を学んで
    倫理が浅いのだということではなく、自分の学びが浅かったんだと気づき今後も中央の会長として学びを深めていくとおっしゃいました。
    最後にお結び薬膳の実演をして終わりました。

    とてもわかりやすい講話で学びました。

  • 第69回 経営者モーニングセミナーは、講師に ジェイ・エイチ・シイ・カンパニィ?椛纒\取締役 吉田 純一 氏をお迎えして、テーマ「55才の今感じる事」にてご講話いただきます。

    ■経歴
    昭和33年3月 雨竜郡妹背牛町生まれ
     昭和51年3月 妹背牛商業高校卒業
     昭和57年3月 札幌学院大学商学部卒業
     昭和57年4月 株式会社 丸伊 伊藤木材店入社
     平成9年10月 ジェイ・エイチ・シィ・カンパニィ?梶@設立
     平成25年9月 現在に至る
    ■倫理歴
     平成23年1月 倫理法人会入会
     平成23年4月 千歳市準倫理法人会 副会長 就任
     平成23年9月 千歳市準倫理法人会 監査 就任
    ■会場情報
    開催曜日 毎週水曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで 朝食会 7:15〜7:45まで 朝食500円(ビュッフェスタイル)
    開催場所 ベルクラシック リアン平安閣
    〒 066-0064 北海道千歳市錦町4丁目9
  • 倫理法人会の年度変わりのため新豊平役員の挨拶を致しました。

    新会長を初め新役員がそれぞれ前に出て、新役員としてのご挨拶をいたしました。

    これからの1年間、札幌豊平倫理法人会をよろしくお願いします。

    次週のモーニングセミナーは

    2013年09月13日(木)朝06:30〜

    講師に法人局 普及事業部 主事 
    北海道・東北方面 方面長 
    津隈 亮二 氏
    をお招きしてご講話をしていただきます。
    次回もたくさんの参加お待ちしております。
  • 第586回 経営者モーニングセミナーは、講師に 帯広市倫理法人会 前会長 南部 政春 氏をお迎えして、テーマ「倫理での学び」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    相互電業株式会社 専務取締役

    ■倫理歴
    平成20年 9月 帯広市倫理法人会 副会長
    平成22年 9月 帯広市倫理法人会 会長
    平成25年 9月 帯広市倫理法人会 相談役
    ■講話内容
    今まで我流で生きてきた自分が倫理での学びで、人はひとりでは生きていけないと気付くことができた氏は言います。

    「朝起き」 自分に勝つ 朝だれよりも会社に早く行くと見えないものが見えてくる。そうじをちゃんとする人、率先して仕事をする人、準備をちゃんとしている人。

    「明朗愛和喜働」 以前は人前で話すことが苦手だった。見た目でこの人はキライと決めつけたり、自分から話しかけることはしなかった。
    倫理を学び自分なりに明るくすると常に気をつけていると、変わってきた。理由はわからないが、受注する見込みがない仕事もなぜかもらえたり、みんなが助けてくれる。

    「できないと自分自身で勝手に決めている」
    他人はそんなに自分のことを見ていない。一生懸命やって他人に嫌われたっていいじゃない。素直にやってみる。生きるのが楽になった。

    「倫理は自分自身の成長の場」
    役をハイ喜んでと受ける。なんでこんなことやらされるんだろう?
    物は考えよう。真剣にやれば自分は成長する。
    なぜ普及するのか?前向きに物の考え方をする人が増えれば、地域がよくなる。人助けできる仲間を増やしたい。だまっててもだれかが助けてくれる。そういう仲間を何人持てるか。



  • 第1395回 経営者モーニングセミナーは、講師に 倫理役職 会社役職 山本 和彦 氏をお迎えして、テーマ「私を変えた芋洗道場 朝に威力あり」にてご講話いただきます。





    ■経歴
       昭和 7年 1月  北海道中川郡本別町に生まれる
       昭和27年 4月〜 昭和31年 6月  立命館大学 経済学部
       

    ■倫理歴
       昭和57年12月  倫理朝の集い100日皆勤に挑戦して
               強度のノイローゼを克服、歓喜の人生へ転換
       平成11年 9月〜 倫理研究所 副参事(平成12年9〜法人局)
       平成22年 9月〜 法人アドバイザー
       一般社団法人倫理研究所 副参事 法人アドバイザー

    ■講話内容
    一般社団法人倫理研究所副参事...、法人アドバイザー山本和彦氏が「私を変えた芋洗道場 朝に威力あり」の講話がありました。

    昭和7年1月北海道中川郡本別町に生まれた山本和彦氏が、今81歳7ヶ月です。年齢を言ったら、皆びっくりしました。外見から歩き姿、話しスピード、黒板に字を書く勢い等を判断して、誰でも81歳と思わないです。その元気の元を教えてくれました。それは30年前のことで、昭和57年12月、強度のノイローゼになった山本氏が、妻の誘いで、倫理朝の集い100日皆勤に挑戦し始めました。普段終電まで飲んでいる山本氏が、「死ぬ思いで」やる決心したところ、100日皆勤を達成しました。そのとき、肩の力を抜いて、ストレスを解消して、人前で話せない自分が話せるようになり、いろいろな役や職をを廻ってきて、全て受けたら、今の元気になりました。
    「ピンピンコロリ」を目指すの「言霊」が三つと教えていただきました。
    1.寝たきりにならないこと。山本氏のお母さん、12年の寝たきりを経て、92で他界しました。お母さんの自体験によって、寝たきりの人の苦しみを教えていただいたことです。
    2.青(空)天井。未来が無限です。
    3.若返る。山本氏の方法は1)身体を使うこと;2)食事内容をコントロールすること。
    講話の最後にウォーキング方法(肩の力を抜いて、7メートル前を見て、カカト着地してつま先を蹴るように前進する)、発芽玄米の炊き方(自分で玄米を発芽して炊く)を教えて、玄米を主食する人に健康を保証すると笑っていいました。  

    ■会場情報
    開催曜日 毎週木曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
    朝食会 7:45〜8:15まで
    開催場所 ホテルレオパレス札幌
    北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
    TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
  • 第496回 経営者モーニングセミナーは、講師に北海道倫理法人会 普及拡大委員長 (株)ハイブリッジ・ジャパン 代表取締役 高橋 秀一 氏をお迎えして、テーマ「チームワークは実践力」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    昭和43年 7月  札幌市に生まれる
    昭和62年 3月  札幌西陵高校卒業
    昭和62年 4月  大昭和製紙(株)白老 野球部入社
    平成 元 年 4月  専門学校日本ビジネススクール入学
    平成 3 年 4月  名鉄観光サービス(株)札幌支店入社
    平成11年 4月  (有)ハイブリッジ設立
    平成16年12月  スープカレー事業開始(SAMA2号店)
    平成19年12月  SAMA2号店(大谷地店)
    平成20年 5月  SAMA3号店(帯広店)
    平成20年12月  SAMA4号店(北大前店)
    平成22年11月  SAMA5号店(仙台大学病院前店)
    平成24年11月  社名変更 (株)ハイブリッジ・ジャパン
    平成24年12月  SAMA6号店(手稲店)

    ■倫理歴
    平成16年 3月  札幌東倫理法人会入会 *即副専任幹事
    平成17年 9月 *専任幹事拝命
    平成19年 9月  北海道倫理法人会 幹事長 拝命
    平成21年 9月 札幌東倫理法人会 会長 拝命
    平成23年 9月  北海道倫理法人会 幹事長 2度目
    平成25年 1月  倫理経営インストラクター 資格取得
    平成25年 9月  北海道倫理法人会 普及拡大委員長 拝命

    ■講話内容
    普及拡大委員長を務めさせていただきます。普及を拡大するために指名されたので、よろしくお願いします!

    倫理に入ってからスープカレーSAMAを立ち上げました。来月で十年になります。色々食べ歩いた中で一番好きな味。
    倫理やってるし間違いないと思ってたら一年間大赤字になりました。何で倫理を学んでるのに良くならないのか。

    全然気づきませんでした。本当に気づかなかった。

    そして平成18年の三月8日。変えようと思った。仕事も家庭も倫理も全部最悪の事態です。
    その中で三つ、人生を変えるきっかけがありました。
    1つは徹底的に朝五時に起きようと決めました。100日間です。
    2つ目掃除です。掃除にたいする考え方を変えました。汚いんじゃなくて、自分が汚いのを見逃している。と言う価値観になりました。
    3つ目は親との関係です。


    とにかく徹底的に叩き直しました。
    今後も家庭と仕事の反映に向けてやって行きます。

    最後までご清聴ありがとうございました。
    [幹事 安藤正之]
  • 第896回 経営者モーニングセミナーは、講師に (社)倫理研究所 法人アドバイザー 山本 和彦氏をお迎えして、テーマ「しなやかに生きる秘訣」にてご講話いただきました。

    ■講話内容
     笑うことが出来るのは唯一人間だけ。笑いとユーモアの大切さ、精一杯生きて生きて生き抜こうという気持ちを言葉にし、行動する。ピンピンコロリの精神で一度限りの人生を生きていこうじゃありませんか。

    ■会場情報
    開催曜日 毎週水曜日
    開催時間 モーニングセミナー 6:00〜7:00まで
    朝食会 7:15〜7:45まで
    開催場所 ホテルクレッセント旭川2F
    〒070-0035 北海道旭川市5条通8丁目 緑橋通り
  • 第597回 経営者モーニングセミナーは、講師に 社団法人倫理研究所 法人スーパーバイザー 株式会社ハナノイ代表取締役 花野井 勝浩 氏をお迎えして、テーマ「純粋倫理の実践」にてご講話いただきました。

    ■講師プロフィール
    1956年 千葉県松戸市に生まれる
    1975年 山崎製パン(株) 京都工場入社
    1980年 (株)ヤカ東京工場入社
    1990年 (有)花野井商店代表取締役就任
    1991年 (株)ハナノイ設立、代表取締役就任
    2001年 流山、鹿嶋、仙台に営業所開設成
    2004年 セキュイリティー事業部開設
    2007年9月 流山に土地購入と事務所竣工
    2008年9月 不動産事業部開設

    ■講話内容
    1989年(平成元年)、お得意先さまの<moji:B>付き合いで</moji:B>、<moji:B>渋々</moji:B>倫理法人会に入会。
    その後の11年間、倫理法人会は宗教だと思っていて、11年間でモーニングセミナーに参加したのは、たった2回だけだったという、花野井講師。

    しかし、2000(平成12年)後継者倫理塾との出会いから、講師と委員長と言う立場上、万人幸福の栞を<moji:B>しかたなく</moji:B>持ち、勉強することとなったそうです。

    ですが、勉強しているうちに、<moji:B>純粋倫理の奥の深さと実践の大切さを知り</moji:B>・・。

    一時は、お米を買うこともできないほど、生活が厳しかったそうですが、純粋倫理を実践することで、同業者が次々と業績を落とし、廃業していく中でも、株式会社ハナノイは伸び続けているとのこと。

    それも、特別なことはせず、「明るい元気な挨拶」「清掃が行き届いたきれいな職場」「社員仲良く」「気づいたらすぐする」などなど、<moji:B>純粋倫理を実践しただけ</moji:B>で。

    倫理は勉強するだけでは意味がない。
    実践することに意味がある。

    実践して結果をだしている、花野井講師の話だからこそ、心に響く、そして、深く腑に落ちる、素晴らしいご講話でした。


  • 第346回 経営者モーニングセミナーは、講師に (一社)倫理研究所法人局参事法人アドバイザー 株式会社ニッセイ新潟 相談役 増田 常平 氏をお迎えして、テーマ「心の経営」にてご講話いただきます。

  • 北海道道議会
    広田まゆみ議員
     道庁を退職されて雨竜町で出面のアルバイトをしているとき、「自然も時間も人間のためにあるのに、人間は自然や時間に負われて生きているのはなぜだろうと考え始めた」ことが政治を目指そうとしたきっかけだそうです。本日は北海道からできることは何なのかというテーマでお話いただきました。
    _____________

     共に生きる社会、性別や障がいの有無を超えたエンパワーメントを目指しています。議員立法で「北海道障がい者条例」の立ち上げに係わる経験を持つことができました。北海道から新しい価値観を発信していきたいと考えています。

     例えば、統合失調症の人たちの生活共同体である「浦河べてるの家」は日本の三大プラクティスに数えられています。ここでは、障がい者が患者としてではなく生活者として事業を運営することを目指しています。障がい者にはサポートが必要ですが、ケア一辺倒であってはならないと思います。そして、ここでは「治さない医療」を実践しているのです。

     グリーンツーリズムだといって、農家が今では誰もやらない手植えの田植えの準備をして、させてやり、焼き肉食べさせて接待することに何の意味があるのかと思います。北海道は観光立国だといっていますが、儲かっているのは道民ではなく全国大手の観光業者だけではないでしょうか。

     道の駅は本当に町のためになっているのでしょうか。本州で作られたものを販売してその町は潤うのでしょうか。産業連関分析によると北海道の自動車産業の貢献度は案外低く、実は本州企業の下請けとして機能しているだけではないのでしょうか。

     北海道で実現していきたいことはたくさんあります。日本銀行券に過度に依存しない、例えば地域通貨や物々交換性とか。飲み物は容器を使わないで各自のボトルで購入する、合成洗剤は使用しないとか。人材育成においては、自然体験教育(下川町)、農林水産業体験教育(浦幌町)などを参考にして、子育てのために北海道を選ぶ魅力を発信できればと思います。それから、北海道民が道産米を食べる比率が1996年の36%から現在は70%を超えてきています。同じようなことが小麦に起こせないかと考えています。

    本当に北海道に大切なことを見極めていかないといけないと思います。

    _____________
     「大きな志を持つほどに、日常のひとつひとつの小さな出来事が大切になってくる」とおっしゃられます。足元から着実に固めて積み上げていくことの重要さを教えてもらいました。
  • 現在ハウスクリーニングと、賃貸業を営んでいるが、そこに至るまでの紆余曲折をお話しいただきました。
    26歳の時に脱サラをし、お得意様に倫理法人会を勧められてお付き合いで入会したが、宗教的なものと思い込み拒絶感をもっていた。
    そんな中幽霊会員を11年ほど続けていた時に、後継者倫理塾の担当をすることに。
    毎月1泊、2泊と泊まり込み研修をする中で自分も学び凄さに気付いたとのこと。

    丸山先生の書かれた言葉を17か条を実践すればよくわかるので、理屈抜きでやってみたらよいと仰っておりました。

    本日はありがとうございました。