• 第575回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 幹事長 株式会社ハイブリッジ・ジャパン代表取締役 高橋秀一 氏をお迎えして、テーマ「実践力と事業繁栄」にてご講話いただきました。

    ■経歴:昭和43年札幌市にて生まれる
        平成11年4月 (有)ハイブリッジ設立
        平成16年12月 スープカレー事業開始
        平成19年〜22年の間に5店舗にする
        平成24年11月 株式会社ハイブリッジ・ジヤパンに社名変更
        平成24年12月 6号店をオープン
    ■倫理歴:平成16年3月 札幌東倫理法人会入会
         平成19年9月 北海道倫理法人会 幹事長拝命
         平成21年9月 札幌市東倫理法人会 会長拝命
         平成23年9月 北海道倫理法人会 幹事長拝命(2度)
         平成25年1月 倫理経営インストラクター 資格取得
    ■講話内容:平成16年スープカレー店オープンし、1年後に数千万円の       負債を抱え、家庭も社内も崩壊寸前まで来てしまった。
          法人スーパーバイザーなどからの指導により経営者になり      たいのか、職人になりたいのか問われる。
          実践することを指導してもらい素直な気持ちで、今まで経      験したことの無いことを実践することに決意し実践を重ね      て来た結果、今の繁栄にいたる事ができた。
          ■朝起きは繁栄の一歩である。
          ■掃除を実践すること。
          ■親を大事にすること。
           (親一人大事に出来ないものが成功の道すらない)
       高橋幹事長の体験を通して繁栄の道筋を教えていだきました。
       ありがとうございました。
  • 第219回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌豊平倫理法人会 専任幹事 金子 賢司 氏をお迎えして、テーマ「喜んで全力を尽くす」にてご講話いただきました



    ■経歴
    1988年 私立 立教大学法学部卒業
        東証一部上場企業 株式会社菱食に入社 10年勤務
        冷凍・冷蔵食品の販売に携わる
    2008年 7月にIT企業に入社
    2009年 ファイナンシャルコンサルタントとして活動中

    ■倫理歴
    札幌豊平倫理法人会 専任幹事


    先週のモーニングセミナーは涙涙のセミナーでした。
    8月末は期が切り替わる時。
    一年、お役を務めた役員さんから9月に新しい期を迎える時期。
    その最後の講和でした。

    手稲の役員幹事さんである方のお一人の方が
    8月末でご商売を一度閉められて、新しい道に歩まれるとの
    ご報告があった「会員スピーチ」。この会が本当に好きで学びが好きで
    頑張ってきたとの言葉を詰まりながらのスピーチに会場が涙に変わる。
    これからも皆さんで応援しますと、温かい拍手のもとスピーチは終わりました。

    そのあとに、今週の講師がもらい泣きで始まる講和。
    テーマ「喜んで全力を尽くす」と始まったのは
    札幌豊平倫理法人会の専任幹事を務めました、
    有限会社アドコム 生保事業部長
    金子 賢司さん。立教大学卒業のエリートコースのなかでも
    苦難の連続のお話をされていました。

    親御さんが商売をされていましたが工場を運営。
    親の働いている背中をいつも見て育ちました。
    そんな親を見ていて自分の善悪の判断基準は両親が
    喜ぶかどうか、納得するかどうかの判断基準だったといいます。

    もともと性格上、何かの選ぶときには大変な方を選んでしまうという性格。
    ので、大学もラグビーをしながら法学部というつらい方を選んでしまう。
    それから大手の会社に勤め、短気は損気だとわかりながらも
    ひょんなことから会社を退社、生保会社に入社、ここからが
    本当に大変な生活でした。が、この時期に一緒に倫理法人会への入会となる。

    朝のいろんな学びの深さと、お役の大変さに追われる毎日となる。
    ただ、決めていたことがある。どんなに大変でも不平不満をまきちらさない。この定義を守りぬこうと頑張っていきました。当時会長だった三澤会長の指導の下、いろんな気づきが芽生えます。自分の考え方やフィルターは必要ない、ただただ、尽力を尽くす。全てはとらえ方次第であるといいます。
    全てはいつも学びだと痛感したセミナーでした。
  • 第103回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北斗市倫理法人会 会長 三和防災(株)代表取締役 佐藤 竜也 氏をお迎えして、テーマ「未定」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第596回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌中央倫理法人会 会長 NPO法人キッズドリームパートナーズ理事長 山本 敏幸 氏をお迎えして、テーマ「丸山敏雄先生に学ぶ成功法則」にてご講話いただきました。

    講師が理事長として活動されているNPO法人キッズドリームパートナーズは、全国約570箇所の児童施設にいる3万人の子供達(親はいるが虐待の恐れがあるため自宅に戻ることができない)を支援しています。日々全国を講演して回り、講演料や寄付などは全て子供達の支援に使われます。
    現在の「太陽のような笑顔」で多くの人々を惹きつけてやまないお人柄からは想像もできないような過去と今だからこそ言える思いをご講話くださいました。

    講師は生まれつき虚弱体質で身体が弱く、結婚後も原因不明の病気で入退院を繰り返し働くこともできなくなり、困窮の生活の中、死を考えた時期があったのだそうです。

    「どうして自分だけがこんなにも苦しい人生か?どうして?どうして?」

    親を恨んでマイナス思考で過ごした時期に起きたことは「自らの思いが引き寄せていた」と気づくまで長い苦悩の日々は続きました。
    極度の対人恐怖症、赤面症で人前で3分のスピーチもできなかった講師を札幌中央倫理法人会の会長になるまで変えたきっかけは何だったのでしょうか?

    答えは運命的に出会った倫理の学びと「万人幸福の栞」の中にありました。
    自らを振り返り「自分のわがままと苦労の人生」だったと話される講師はわがままを取り去るには基本である「朝起き」しかないと断言されました。(朝起きとは、一般的な「早起き」ではなく眼が覚めたときにサッと起きること)

    「朝を制する人が人生を制する」

    自らをコントロールできない人間に人生のコントロールはできない、
    何よりも早朝は素晴らしいひらめきや直感が降りてくる最高の時間である。
    自らの著書やカレンダーなどのアイデアはほとんどが早朝に次々と湧いてくるように生み出されてきたのだそうです。
    「人に喜ばれる存在になること」を目標とし、多くの苦難を乗り越え実践してこられた講師がたどり着いたシンプルな答えに、多くの参加者が気づきや反省を感じることができた「前年度会長任期最後の講話」でした。

    ●気づいたらすぐする。
    ●苦難の際は切り捨てる心が必要
    ●「職の親」を大切にする。
    ●一日の優先順位を寝る前に書き出す。
    ●人生は覚悟で決まる。

    レポート 幹事 小刀祢 裕貴
  • 【札幌豊平】第204回経営者モーニングセミナー テーマ「」の予定 2013年08月29日(木)

    第204回 経営者モーニングセミナーは、講師に札幌豊平倫理法人会 会長  
    株式会社 美容室 桜井 会長  三澤 龍子 氏お迎えして、テーマ「 ありがとう 」にてご講話いただきました。

    ■経歴
     上海生まれ。札幌銀行に08年06ヶ月勤務
     昭和47年04月 有限会社 美容室 桜井へ入社
     平成11年   代表取締役社長に就任
     平成04年   札幌学院大学にて人間学概論及び臨床心理学を聴講生        として受講
     平成05年   札幌学院大学非常勤講師
     平成10年   大原学園非常勤講師
     平成19年07月 有限会社 美容室 桜井を株式会社に変更
     平成24年01月 代表者交代に伴い会長に就任
     
    ■倫理歴
     平成11年07月 札幌市倫理法人会入会  幹事
     平成13年9月 札幌中央倫理法人会 副会長、法人レクチャラー拝命
     平成15年09月 北海道倫理法人会 副会長、札幌中央倫理法人会 会        長
     平成18年09月 北海道倫理法人会 副会長、女性委員会 委員長、札        幌中央倫理法人会相談役
     平成19年01月 倫理経営インストラクター拝命、9月 北海道倫理法        人会事務長
     平成20年09月 北海道倫理法人会副会長、北海道倫理法人会普及拡大        委員長
     平成21年09月 北海道倫理法人会 幹事長
     平成22年09月 札幌豊平倫理法人会 会長、女性委員会委員長
     平成23年09月 札幌豊平倫理法人会 会長

    ■講話内容
     今回の講話では、普段プロフィルをあまり言ったことが無いと言うことで、STVラジオの日高吾郎さんの番組で美容室桜井の事を放送されたので、最初にその放送の録音を流されました。
     その放送内容で、心がけている事として、
      マネジメント
      人材育成
      心(精神) の三点をあげ、
      一例として、大きな声であいさつをする。これに心をのせて行い、小手先のあいさつではダメと教えているそうです。

     この後に倫理についてお話しになりました。
     初めて倫理のモーニングセミナーに行って雰囲気がよかったので直ぐに入会しました。そして、3回倫理に出て美容室桜井のスタッフに話してからスタッフも倫理に出るようになります。これは今も続いています。倫理に出て人と出会う事により、それが人を育てる。と言われました。


    次週のモーニングセミナーは
    2013年09月05日(木)朝06:30〜
    札幌豊平倫理法人会新役員のご紹介を致します。
    次回もたくさんの参加お待ちしております。
    三澤 龍子 様、ご講話ありがとうございました。
  • 第749回 経営者モーニングセミナーは、講師に 函館市倫理法人会会長 平和石油 代表取締役 本間 和幸 氏をお迎えして、テーマ「一難去って、また一難」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第585回 経営者モーニングセミナーは、役員、幹事、会員の皆さまに3分間スピーチを頂きました。


  • 第1393回 経営者モーニングセミナーは、講師に 株式会社ヤマシタ商事 代表取締役 山下秀治氏をお迎えして、テーマ「元気は自分の原動力」にてご講話いただきます。

    ■経歴
    株式会社ヤマシタ商事 代表取締役 当会会員
    ■倫理歴
    平成14年 9月 小樽市準倫理法人会 入会 副会長
    平成15年 3月 小樽市倫理法人会 副会長
    平成15年10月 法人局レクチャラー 就任
    平成17年 9月 小樽市倫理法人会 会長
    平成20年 9月 小樽市倫理法人会 相談役
  • 第495回 経営者モーニングセミナーは、講師に(社)倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー 北海道倫理法人会 相談役   SOC株式会社  代表取締役  朝倉 幹雄 氏をお迎えして、テーマ「今こそ倫理経営」にてご講話いただきました。

    ■プロフィール
    昭和19年12月 福島県西白河郡に生まれる
    昭和52年 9月 札幌オフィスコンピュータ 創業
    昭和54年 4月 同上 設立 代表取締役社長に就任 現在に至る
    平成18年 6月  SOC株式会社に社名変更
    平成12年 3月  SOCパートナーズ(株) 代表取締役会長就任
    平成17年 4月  (株)SOC総合研究所 設立 代表取締役会長就任
    平成18年 4月  SOC経綸(株)設立 代表取締役会長就任
    平成20年 1月  SOCS(株)設立 代表取締役会長就任
    平成23年 9月  SOCブルーイング(株)代表取締役会長就任

    【倫理歴】
    平成 3年5月 北海道倫理法人会  入会
    平成 7年9月     同上       会長
    平成 8年9月   札幌市倫理法人会  会長
    平成10年9月   北海道倫理法人会  相談役
    平成12年9月       同上       会長
    平成13年9月   倫理経営インストラクター
    平成15年9月   北海道倫理法人会 相談役
                (社)倫理研究所 法人スーパーバイザー
    平成21年9月 倫理経営上級インストラクター

    ◎生活心情
    「一歩前へ」

    1、いのちを燃やすものとの出会い・この事にいのちを懸ける
      天職との出会い・経営とは動詞、実行し、結果を出す、動きながら学ぶ
      愛するものとの出会い・この人のために命を捨ててもかまわない
    2、凡事徹底・当り前のことにより磨きをかける。小さなことに磨きをかける。
      挨拶、返事、後始末、トップの率先垂範・経営者の徳が社風を作る。
      朝起きの実践・禊の実践・今日いのちあることに感謝する、明朗になる。
    3、断らない生き方・苦手なことを喜んで進んでやる
      労働・勤労・勤勉・喜働、ダグラス・マッカーサー・労働の尊厳を持つ民族、仕事の報酬は能力である(知らなかったことを知る)、仕事である( 自分のやりたい仕事がやれるようになる)、成長である(人の喜びがわが喜びとなる)多摩大教授・田坂広志        
    4、伸びる人物の共通点(高畠道宏氏)・1素直である。2好奇心旺盛である。3忍耐力があり、諦めない。4準備を怠らない。5几帳面である。6気配りができる。7夢を持ち、目標を高く設定することができる。
    5、夫婦愛和・大自然の法則に従う、一家の健康と発展ともろもろの幸福を産み出だす。家庭と仕事は別は大きな誤解である。家庭の基本は夫婦関係、仕事に事業に影響を与える。「そんな馬鹿な」と思う人は多いが、長い目で見ると後継者・人材が育っているか、経営者が喜んで取り組んでいるか。
    6、信ずれば成り、憂えれば崩れる。1人の交わりの本は「信じる」ことである(人間関係の基礎)。2事を成すの根本の力は信念である(成功成就の原動力)。3信は動いて愛となる(愛の本質)、尽きない、出せば出すほど多量に出る。与えれば与えるほどかさが増える。
    7、和の本は愛である。うらみも、そねみも、争いもない、満ち足りた喜び、これが和である。悪を邪を正し、にごり、穢れを清め、うらみ、憎み、嫉み、ひがみを溶かすは愛である。冷えた、凍った、飢えた、すさんだ、迷った、傷ついた心をふんわりと抱きしめて、春の野の陽だまりのように心を暖かくするも、愛である。
    8、暗い、寂しい、打ち沈んだ、悲しい境遇を、明るい、賑やかな、朗らかな、希望に燃えた、満ち溢れた生活に引き戻し、ゆすぶりたて、燃え栄えさせるのは愛情である。
    9、親・祖先の恩を自覚する・私のいのちは奇跡の連続で生かされている。企業を良くするのは景気じゃない、家庭の力が企業を支える。
      生命授与への感謝・父母は私達のいのちの元である。父母なくして私達の生命はない。父の生命授与の恩を想い、母の深い愛情に泣いて、人はまことの純情に帰る。
    親の愛を受け止め、感謝の心を育むことこれが日本を豊かにする。今ここにある命の有難さに感謝し生きていくことが親への恩返しになり、自分自身の幸福に繋がる。
    10、運命を切り開くは己である。境遇をつくるも亦自分である。「せい病」罹ると治らない。陰陰滅滅・陰気で気がめいる。「にっこり笑って、エイと一声・かけ声勇ましく、硬い扉を押し開こう。

    ご講話ありがとうございました!
    [幹事 安居潔人]
  • 第894回 経営者モーニングセミナーは、講師に 旭川市倫理法人会 会長 北海道井泉 代表取締役 伴野 忠孝 氏をお迎えして、テーマ「人生は出会い」にてご講話いただきました。

    【講話を振り返り】
    人生を振り返ると、その節目には幾多の出会いがあった。
    人や体験と出会い、苦難と出会い気付きを得た。それら出会いには自分も他人も活かす力があるのだ。
    『出会い』にはそういう力があるのだと実感させられた講話でした。
  • 第596回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌中央倫理法人会会長 NPO法人キッズドリームパートナーズ理事長 山本 敏幸 氏をお迎えして、テーマ「丸山敏雄先生に学ぶ成功法則」にてご講話いただきます。
  • 第68回 経営者モーニングセミナーは、講師に 千歳市倫理法人会 幹事
    (株)エイチケーエス 代表取締役 吉田 真也 氏をお迎えして、テーマ「未定」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第345回 経営者モーニングセミナーは、講師に 寺林 修 氏をお迎えして、ご講話いただきます。

    ■倫理歴
    北海道倫理法人会 普及拡大委員長
  • 第234回 経営者モーニングセミナーは、講師に北海道倫理法人会 副幹事長 SOCブルーイング(株) 代表取締役 坂口 典正 氏をお迎えして、テーマ『』にてご講話いただきます。
  • 第574回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会モーニングセミナー委員長 ?鰍iCL代表取締役 佐藤欣一 氏をお迎えして、テーマ「自分のものさし、他人のものさし」にてご講話いただきました。

    ■経歴:昭和43年2月 函館にて出生
        平成16年AIU保険会社入社
        平成21年 保険代理店として独立
        株式会社 JCL創業
    ■倫理歴:平成19年8月 札幌東倫理法人会入会
         平成19年9月 幹事拝命
         平成21年9月 専任幹事拝命
         平成22年9月 副会長拝命
         平成24年9月 北海道倫理法人会
                MS委員長拝命 法人レクチャラー拝命
    ■講話内容:保険会社を退職し、念願の保険代理店独立を果たすも1年で
          業績不振に陥る。家庭も崩壊寸前となり、これも「変えら      れない運命」なんだと諦め書けていた時に倫理指導を受       け、実践項目に取り組み半年後、業績回復の目途がたつ。
          しかし、これでは終わらなかった・・・
  • 第595回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 幹事長 (株)ハイブリッジ・ジャパン 代表取締役 高橋 秀一 氏をお迎えして、テーマ「実践力と事業繁栄」にてご講話いただきました。

    ■講話内容
    倫理の学びに関わり9年、現在は北海道倫理法人会幹事長。
    家庭も仕事もまさに「どん底」だった講師は、国内6店舗のスープカレー有名店「SAMA」のオーナーとなり、
    ついには海外進出を果たすほどに成功されています。
    その原動力となったものはいったい何だったのでしょうか?

    少年時代に両親の離婚を経験した講師は寂しさを打ち消すように、野球に打ち込みました。
    才能に恵まれた講師は社会人野球のプロ選手にまでなりますが挫折を味わい2年で断念。
    「なぜ自分は挫折したのか?」
    今、振り返ると自分の中に「家を捨てた母への怒り」や「周囲の人々へ当り散らするような歪んだ心」があったのだと理解しているのだそうです。

    跳ね返りだった講師はその後もツアー会社に就職するも納得がいかず、大好きなスープカレーのお店を始めることを決意。
    一念発起で始めたものの客足は伸びず借金はみるみる約2千万円近くになり、家庭不和。従業員とも上手くいかない状態に…。

    そんな時に出会った「倫理法人会」と「万人幸福の栞」は
    講師に「謙虚さが無かったこと」「人を信じること」など大切なことを幾つも教えてくれたのだそうです。

    「自分が先に信じる。信じ切るしかない。」

    社長自ら腹を括り、生活習慣を変え、心を変えたときに「SAMA」の急成長は始まったのです。

    ●家族で外食しても気持ちよく支払うことができる幸せ
    ●道内179市町村を社員と巡る旅は以前からの夢だった
    ●圏外にも関わらずデリバリーした「たった一杯のスープカレー」が教えてくれた大切なこと
    ●今は自分が薦めた「倫理の学びと実践」を通じて大切な仲間の人生が好転していくのを見ることが本当に嬉しい
    ●今だ妻に「ハイッ」と素直に言えない自分はまだまだ

    レポート 幹事 小刀祢 裕貴
  • 第218回 経営者モーニングセミナーは、講師に 社団法人倫理研究所 高松祐子法人スーパーバイザーをお迎えして、テーマ「人生は心の整理の積み重ね」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    昭和19年1月 長野県諏訪に生まれる
    ■倫理歴
    昭和56年7月 社団法人倫理研究所会員となる
          その後子育て、親子、夫婦問題について学びを深めると共      に様々な役職を歴任。セミナーその他の企画運営に取組む
    平成11年 生涯局派遣講師に就任
    平成19年 生涯局専任講師に就任
    平成22年 法人スーパーバイザーに就任 現在に至る

    今日のモーニングセミナーの講師は倫理に携わって
    何十年もたち、お母様からこの倫理を伝えてもらったという講師。

    ㈳倫理研究所 法人スーパーバイザー
    高松 祐子 先生の出席をいただきました。

    テーマ「人生は心の整理の積み重ね」ということで
    朝から素晴らしい講和をいただきました。

    倫理の学びとは、心の学び、心の学びとは
    心の影をとりさる実践。そう、捨てる実践、
    わがままを捨てる勉強なんだといいます。

    苦難にぶつかると、人の肉体に現れる、
    次に人間関係に出る。そして物に現れる。
    最後には環境に出る。

    心を表現するのは言葉しかない。
    明るい言葉、暗い言葉とあります。
    それが、相手や自分の心に大きく影響するという事。

    高松スーパーバイザーにもこの大きな体験がありました。
    倫理研究所の来期に向けてのことで
    大変苦労されているときに、気持ちが曇った時がありました。
    心が乱れ、イライラしていた時のことです。
    自宅の3階からふとした時に階段から落ちてしまう。
    しかし、あざと切り傷のみで、すんだようです。

    それは、なぜかというと、旦那様の車のクッションを
    洗っておいたのが階段にあり、それが頭からの打撃を
    吸収し、大事に至らなかった。この時に
    「守られている・・」という事を大きく実感したようです。

    言葉とは大きな力を持ちます。

    言葉を重ねる、重ねる、この努力は
    夫婦でも人間関係でも本当に良くなるもの。

    これからも実践を続けていきたいと思います
    本当にありがとうございました。

  • 第102回 経営者モーニングセミナーは、講師に 社団法人倫理研究所 参与 井上 茂勝 氏をお迎えして、テーマ「「熱が心の扉を開く」にてご講話いただきます。

    ■経歴
      ■1949年    福岡県大牟田に生まれる
      ■1970年    社団法人倫理研究所へ入所
              その後、教育・普及の各部門を担当。
      ■1999年9月  法人局普及事業部主席
              倫理法人会の普及・教育にあたる。
      ■2001年9月  首都圏方面方面長
      ■2008年9月  法人局普及事業部理事・部長
      ■2010年9月  普及本部副本部長
      ■2012年9月  参与となる

  • 第748回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北洋銀行万代町支店 支店長 東 巧一 氏をお迎えして、テーマ「ロシアビジネスへの挑戦」にてご講話いただきます。

    ■経歴
    1986年 北洋銀行入行
    1990年 外国為替ディーリング担当
    1995年 北広島支店開発準備委員
    2001年 ロシア連邦サハリン州在住
    2005年 中国(大連、上海)駐在員事務所開設準備担当
    2010年 もみじ台支店長
    2012年 万代町支店長として現在に至る

    ■講師よりメッセージ
    「ロシアビジネスの挑戦」が演題ですが、皆様にロシアで仕事をしてくださいということではありません。私が10年ほど前にロシアビジネスに挑戦した際の話を聞いていただき、海外ビジネスも国内ビジネスもたいして変わらないことを理解していただきたい。
    2040年には函館市の人口が17万人にまで減少すると言われています。縮小していくマーケットに不安をお持ちの方にぜひきいていただきたい。新マーケットにトライするためのヒントになれば光栄です。
  • テーマ 『 家庭の在り方と国柄を学ぶ 』

    講師

    公益財団法人 新教育者連盟 札幌支部

    副支部長兼事務局長 狩野 繁 氏

    ■経 歴

    昭和24年 北海道遠軽町生まれ
    昭和47年 私立学校事務職員として奉職(大学卒業後)
    平成元年 北海道札幌市に戻り、印刷関連会社に勤務
         一貫して総務、財務畑を歩んできました。
    平成19年より公益財団法人 新教育者連盟札幌支部 に所属
    現 在 副支部長兼事務局長
    教育アドバイザー

    ■講話内容

    新聞の記事を引用してから講話の内容に入られました。
    家庭教育のあり方として、
    ?T)家庭教育は教育の基本。
     ?@ 家庭とは本来、「愛」がはたらき、「生命」が顕現する場です。
       家庭には本来「愛」がはたらき、安らぎの場となる所です。
     ?A 家庭教育の役割
       1)家庭は健全な心身を培う場
       2)家庭は言葉を学ぶ場であり、コミュニケーション能力を培う場
       3)家庭は人格形成の場
       4)家庭は文化継承の場であり、祖霊(先祖)祭祀継承の場
    ?U)よき家庭を築く夫婦のあり方
      「夫唱婦和」でなければ本当に調和した夫婦と言えないです。
    ?V)父の役割・母の役割
     ?@ 母親とはどうあるべきか
       太陽の如き
     ?A 父親とはどうあるべきか
       自分に厳しく、自分を律した生き方をする。
     ?B 親としての共通的役割
       親が変われば子供が変わる。
       子育ては親育ちである。
       子供は親の後ろ姿を見て育ち、親の言うとおりにはならないが、するとおりになる。
    ?W)人間(大人も子供も)に宿る五つの根本的願い
      「五つの願いとは?」
       ?@認められたい?A愛されたい?Bほめられたい?C人のお役に立ちたい?D自由になりたいという五つです。
    ?X)育児方針について
    ?Y)「生命の教育」ってなに?
    などを講話されました。

    次週のモーニングセミナーは

    2013年08月29日(木)朝06:30〜

    講師

    札幌豊平倫理法人会 会長
    株式会社 美容室桜井 
    会長 三澤 龍子
    をお招きしてご講話をしていただきます。
    次回もたくさんの参加お待ちしております。
    狩野 繁 様、ご講話ありがとうございました。
  • 第748回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北洋銀行万代町支店支店長 東 巧一 氏をお迎えして、テーマ「ロシアビジネスへの挑戦」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第584回 経営者モーニングセミナーは、講師に 社団法人倫理研究所 法人スーパーバイザー 高松 祐子 氏をお迎えして、テーマ「人生は心の整理の積み重ね」にてご講話いただきました。
  • 第1392回 経営者モーニングセミナーは、講師に社団法人倫理研究所 参与 井上茂勝氏をお迎えして、テーマ「熱が心の扉を開く」にてご講話いただきます。

    現 職: 社団法人倫理研究所 参与
    倫理歴: 1970年 社団法人 倫理研究所へ入所 その後、教育・普及の各部門を担当。
    1999年9月 法人局 普及事業部 主席 倫理法人会の普及・教育にあたる。
    2001年9月 首都圏方面 方面長
    2008年9月 法人局 普及事業部 理事・部長
    2010年9月 普及本部 副本部長
    2012年9月 参与となる
  • 第494回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌東倫理法人会 会長
    (株)黒田商店 代表取締役 黒田 芳朗 氏をお迎えして、テーマ「札幌東倫理法人会」にてご講話いただきました。

    ■プロフィール
    昭和34年6月  北海道札幌市に生まれる
    昭和53年3月  札幌市北陵高等学校卒業
    昭和55年3月  札幌経理専門学校卒業
    昭和55年4月  三箇(株)入社
    昭和60年3月  (株)丸ウ黒田商店入店
    平成 5年1月  (株)丸ウ黒田商店 代表取締役に就任
    平成 9年7月  (有)ロッキーシステムズ設立 店舗名「ロッキー」
    平成16年3月  (株)パルコム設立
    平成18年3月  店舗名「ビックリッキー」に変更

    ■倫理歴
    平成20年11月  札幌中央倫理法人会 入会
    平成21年 3月    同上      幹事
    平成21年 9月  札幌東倫理法人会  副会長
    平成22年 9月    同上      専任幹事
              北海道倫理法人会 普及拡大副委員長
    平成23年 9月  札幌東倫理法人会  会長・法人レクチャラー



    テーマ「札幌東倫理法人会」

    1,自己紹介。
    四年前はわずか四十数社の小さな単会でした。
    北海道の事務局にも借金をして運営をしていた単会です。

    家族構成は妻が一人と子どもが三人います。
    先日、長女が結婚する事が出来て一安心しました。父親としてバージンロードを歩けるのはすごく幸せを感じました。

    2,スタートから順風満帆ではなかった!
    この会は職場の教養をあるお店で見て入会しました。知り合いゼロから入会です。最初の朝食会の時に高橋さんに知り合いました。スープカレーSAMAで活力朝礼を導入してから業績が右肩あがり、札幌東を四十数社から全道ナンバーワンにした方です。
    私が札幌東倫理法人会の会長を引き継いだ時は114社でした。
    一年間専任幹事をやっていたから大丈夫と思っていました。しかし、100社切る寸前まで行きました。

    3,三澤会長の一声!
    そんな時に三澤会長から100人モーニングやったらどう?って言われました。三澤会長は豊平倫理法人会を50数社から100数社にした方。素晴らしい会長です。
    時期は真冬だったので、どうかなって一瞬思いましたが、
    三澤さんのこの一言がきっかけで、100人モーニングに154名の方が集まってくれました。
    これが札幌東の幹事の自身になり、はずみがつきました。モデル単会と言われる要因だと思います。当時の副会長、事務長と力を合わせて出来ました。

    4,初めての法人レクチャラー巡行!
    始めての法人レクチャー巡行、その時合わせて倫理事業体験を皆様に報告する役割をいただきました。
    青森権の中央準倫理に行きました。五名しか居ない中で話をしました。少人数の前ではなすのは難しい。ものすごい鍛えられる。
    一生懸命はなしました。
    人前で話をするのは始めてだったものですから、なんか玉手箱を開けた見たいですね。楽しいですね。
    職場の教養に会っていなければ、みなさんに会えてなかった。素晴らしい仲間と巡り合う事はなかったです。

    5、会長挨拶コンテスト!
    各県を代表してスピーチを競い合うコンテストがあります。前回は高橋さんが優勝していました。
    「来年黒田さんだから、連覇かかっているからね。」と言われ一ヶ月間、朝礼終わった後に練習していました。

    コンテスト当日、会場に行く寸前に高橋さんから見せてと言われ、もう一回見せました。
    これじゃパンチないな。今までやってきた事喋らないと無理。と言われました。開始5分前です。
    しかしこの言葉を受け入れた事が出来おかげさまで、優勝できました。
    まして二連覇です。本当に嬉しかった。

    6、挑戦!
    三澤会長に言われた一言から自身につながりました。他の単会でやってない事はどんどん試しました。
    実験場で実践道場。ここでどんどん失敗して肥やしにすればいいと思っています。

    学びは真似する事から始める。やらないで、あの時やってた方が良かったなって悔やむより、やってた方がいいです。

    年二回の100人モーニングセミナーの他に、200人モーニングセミナーにも挑戦しました。やる事に価値がある。
    200人集まりませんでしたが、会場満杯になって良かったです。

    7、明日に向かって!!!
    きちんと目を向ける事が会長の責任です。でも楽しみながらやっています。

    次で七代目の会長です。硬い会だな、と言われるが良いんです。もともときっちりした会。この伝統を引き継いで言ってもらいたい。

    幹事の気持ち、会員さん、みなさんのご協力が全てです。ぜひともよろしくお願いします

    最後までご清聴ありがとうございました。
    [幹事 安藤正之]
  • 第893回 経営者モーニングセミナーは、講師に (社)倫理研究所 北海道・東北方面 方面長 津隈 亮二 氏をお迎えして、テーマ「人生の主役に生きる」にてご講話いただきました。

  • 第595回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会幹事長 株式会社ハイブリッジジャパン代表 高橋 秀一 氏をお迎えして、テーマ「実践力と事業繁栄」にてご講話いただきます。

    ■経歴
    昭和43年 7月 札幌市に生まれる
    昭和62年 3月 札幌西陵高校卒業後
     4月 大昭和製紙(株) 野球部入社
    平成元年 4月 専門学校日本ビジネススクール入学
    平成3年 4月 名鉄観光サービス?且D幌支店入社
    平成11年 4月 (有)ハイブリッジ設立
    平成16年 12月 スープカレー事業開始(SAMA1号店)
    平成19年 12月 SAMA2号店(大谷地店)
    平成20年 5月 SAMA3号店(帯広店)
    平成20年 12月 SAMA4号店(北大前店)
    平成22年 11月 SAMA5号店(仙台大学病院前店)
    平成24年 11月 社名変更 (株)イブリッジ・ジャパン
    平成24年 12月 SAMA6号店(手稲店)


    ■倫理歴
    平成16年 3月 札幌東倫理法人会入会
    *即副専任幹事
    平成17年 9月 *専任幹事拝命
    平成19年 9月 北海道倫理法人会 幹事長 拝命
    平成21年 9月 札幌東倫理法人会 会長 拝命
    平成23年 9月 北海道倫理法人会 幹事長 2度目
    平成25年 1月 倫理経営インストラクター 資格取得
  • 第67回 経営者モーニングセミナーは、講師に JJシャンハイ 店長 結城 江潔 氏をお迎えして、テーマ「未定」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第344回 経営者モーニングセミナーは、講師に 小林 桂子 氏をお迎えしてご講話いただきます。
  • 第235回 経営者モーニングセミナーは、講師に(社)倫理研究所 北海道・東北方面長 津隈 亮二 氏をお迎えして、テーマ『人生の主役に生きる』にてご講話いただきます。
  • 第217回 経営者モーニングセミナーは、講師に手稲神社 禰宜 山口 貴生氏をお迎えして、テーマ「日本人と神社の結びつき」にてご講話いただきました。




    ■経歴
    手稲中央小⇒手稲中⇒手稲高⇒國學院大學文学部神道科卒業後、
    亀戸天神社を経て平成2年より手稲神社奉職、
    現在は北海道神社庁札幌支部副支部長
    ■倫理歴
    札幌手稲倫理法人会 会員

    今週のモーニングセミナーは
    手稲倫理法人会が発足して以来会員さんでいてくださいます、
    手稲神社さんの禰宜 山口 貴生 様のご出席をいただきました。

    当会、会長であります小林会長と幼馴染で
    ともに遊んできた仲間のお一人でございます。

    手稲神社の歴史は明治32年にひらかれ
    現在142年の歴史を誇ります。


    山口禰宜の話の中心は
    「第62回式年遷宮」と20年に一度の大きな儀式のお話でした。

    伊勢神宮で行われますがその素晴らしさは大変なものだといいます。
    この儀式の為に全国からたくさんの方々が集まるとのこと。

    世界遺産にまで話がなったようですが
    伊勢神宮側は「遺産ではない、今も生き続けているんだ」と
    要請を丁重にお断りしたようだとのお話も聞けました。

    日本の源郷 伊勢神宮。

    当会の会員さんでもこの儀式の時に
    参加されるというかたもいました。

    詳しくは手稲神社さまにいくとパンフレットなどいただけます。

    千人たちからの歴史を守り、伝えるということの大変さ、そして
    そこからあふれるエネルギー、未来へつなぐという大事さを
    感じた講和でした。

    手稲神社さんでは9月前半に毎年恒例の
    秋の秋大祭 手稲神社祭が執り行われます。

    いろんなイベントも含め準備しておりますので
    ご参加くださいませ。本日の講和も素晴らしいものでした。

    ありがとうございました。
  • 第101回 経営者モーニングセミナーは、講師に 筆村 一二 氏をお迎えして、テーマ「未定」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第892回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北極冒険家 荻田 泰永 氏をお迎えして、テーマ「北極点への挑戦」にてご講話いただきました。

  • 次週8月21日(水)にお待ちしております
  • 第216回 経営者モーニングセミナーは、講師に 札幌メディカルラボ 代表取締役 蓑輪雅宏 氏をお迎えして、テーマ「成功への道筋」にてご講話いただきました。




    ■経歴
    986年7月 有限会社 札幌メディカル・ラボ 設立 
    2000年12月 株式会社 札幌メディカルラボへ組織変更 現在に至る
    2006年6月 ISO 9001.14001取得
    2004年4月 社)北海道歯科技工士会 札幌支部会副会長、社)北海道歯科技工士会代議員
    2007年4月 社)北海道歯科技工士会 札幌支部会長 
    2010年4月 NPO法人日本医療情報福祉ネットワーク理事
    2011年4月 財)日本プロスピーカー協会 アシスタントプロスピーカー
    2012年4月 公益)日本歯科技工士会 代議員
    2013年4月 公益)日本歯科技工士会認定講師(教養)

    ■倫理歴
    2008年8月 札幌手稲倫理法人会 入会

    今回の講話者の箕輪氏は歯科技工士として27年が過ぎ52歳となり
    会社に入ってくる社員が子供のようで、親の気持ちで接するといいます。少しでも愛情ある食事をとってほしいということで、自分のできる範囲で朝食づくりをしているとのことです。

    今回のテーマ『成功への道筋』の成功って?
    それは物心共に豊かになること、自分の目的・目標をしっかりと立て達成できたことが成功ではないかと講師は言います。
    何のために、だれのために生まれてだれのために仕事をするのか?
    講師も設立のころは考えていなかった。
    無目的のために、たまたま上手くいき、出合った人に助けられただけで、会社の目的を聞かれても答えられず、自分を責めてしまった時期もある。そうすると会社もうまくいかなくなり、自問自答の日々、自殺も考えたが何とか現在も生きている。そういった過去を講話前に万人幸福の栞をよんで思い出し過去を振り返ったそうです。

    さて、何のためにを突き詰めていくと、自分の自己実現、講師は業界を変えたいという自己実現の為、また社員の幸せのためだといいます。
    札幌メディカルラボに入社すれば、人間の成長が実感できる、人から成長したねと言われる会社にしたいと。

    そのために、入社前2週間は社員に目的を明確にしてもらうために、社員とじっくり対話して明確にしてもらうそうです。
    カーナビの一番目の設定は目的地。会社も人生も最初に目的を決めることが大事。それを強く思うこと。
    そのためには目的から目標づくり、そして計画、実践すること。
    目的は自分の欲であるといいます。

    蓑輪氏は、たった一人の人でいいから影響を与えられる人生にしたいと。そのために学び、伝えるのだと。
    人は何をしても同じ時間が流れる、だから自分の時間軸をしっかりとし、その中にどんな出来事を入れるかによって変わる。
    だから、出来事の自己管理をしっかりとし、選択をしっかりとする。
    その中で、自分がコントロールできるもの、できないものを分けて、行動の選択質を上げる必要があるといいます。
    そうして一日の質にこだわることで気分よく生きられるかどうかが決まる。
    これからもこのテーマをしっかりと実践できるようにしたいと講師は言って講話を終わりました。

    とてもタメになる講話をしていただきました。



  • 第100回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北杜市倫理法人会 佐藤 竜也 会長、小林 久周 副会長、川村 隆夫 副会長、成田 勝彦 専任幹事 をお迎えして、テーマ「モーニングセミナー100回記念」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • テーマ 『 感謝の心が人生を変える 』

    講師

    社団法人倫理研究所 法人局 参事

    有限会社 アドミカミ 

    代表取締役 三上 忠男 氏




    ■経歴

    1939年 栃木県壬生町生まれる
    1995年 有限会社 アドミカミ 設立
        事業内容 広告、宣伝関係

    ■倫理歴

    1999年 埼玉県草加市倫理法人会 会長
    2002年 埼玉県倫理法人会 研修委員長
    2005年 埼玉県倫理法人会 普及拡大委員長
    2008年 埼玉県倫理法人会 相談役

    2002年 法人局 法人レクチャラー
    2005年 倫理経営インストタクター
    2009年 社団法人倫理研究所 法人局 参事 法人アドバイザー
    2010年 法人アドバイザー

    ■講話内容

     丸山敏雄先生のお話を中心に講話を始めました。
     聞く=聴く(心できく)← セミナーはこちらの気持ちで聴く。

     常居基全(じょうきょきぜん)←丸山敏雄先生の墓碑の後ろに刻まれている言葉です。= 一生懸命にする。いつでも、何処でもの意味です。

    万人幸福の栞の98頁中央部を読み。希望を持つ。必ず明日はくる。と言われました。


     次週のモーニングセミナーは

    2013年08月22日(木)朝06:30〜

    講師

    公益財団法人 新教育者連盟 札幌支部

    狩野 繁 氏

    をお招きしてご講話をしていただきます。

    次回もたくさんの参加お待ちしております。

    三上 忠男 様、ご講話ありがとうございました
  • 第747回 経営者モーニングセミナーは、講師に (社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 蓮実 利勝  氏をお迎えして、テーマ「倫理を正しく学ぶ」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第583回 経営者モーニングセミナーは、講師に 帯広市倫理法人会副会長 松田孝志税理士事務所 所長 松田 孝志 氏をお迎えして、テーマ「倫理とともに進化し続ける。」にてご講話いただきました。
  • 第1391回 経営者モーニングセミナーは、講師に株式会社土屋ホールディングス取締役会長 土屋 公三氏をお迎えして、テーマ「倫理と私の使命感経営」にてご講話いただきます。

    現 職: 株式会社土屋ホールディングス 取締役会長 当会会員 北海道倫理法人会 次期会長
    経 歴: 昭和16年 8月1日生
    昭和35年 4月 レンゴー株式会社入社
    昭和44年 6月 土屋商事を創業
    昭和45年 3月 有限会社丸三土屋商事(当社と合併)設立 代表取締役社長 就任
    昭和51年 9月 (株)丸三土屋建設
    昭和57年 8月 株式会社土屋ホームに商号変更』設立 代表取締役社長 就任
    昭和57年 6月 株式会社土屋ホームトピア設立 代表取締役社長 就任
    昭和61年10月 株式会社土屋ツーバイホーム設立 代表取締役社長 就任
    平成 6年 4月 有限会社土屋総合研究所設立
    平成15年12月 株式会社土屋総合研究所に商号変更』 代表取締役社長 就任(現任)
    平成12年10月 株式会社アーキテクノ取締役 就任
    平成13年11月 当社代表取締役会長 就任
    平成15年 9月 株式会社土屋ホーム東北取締役 就任
    平成20年11月 株式会社土屋ホームから株式会社土屋ホールディングスに商号変更
    平成23年 1月 当社取締役会長 就任 (現任)

    受賞歴: 平成16年6月 国土交通大臣表彰(建設事業関係功労者)
    平成20年11月 黄綬褒章受章
    著 書:「不動産教室」「マイホーム教室」「生きがい、やりがいを育てる」
    監修:「3KM生涯幸福設計」「使命感経営」「21世紀人のための『大いなる生き方』」
  • 第493回 経営者モーニングセミナーは、講師に (社)倫理研究所 法人アドバイザー 有限会社 アドミカミ 代表取締役 三上 忠男 氏をお迎えして、テーマ「苦難福門・・・・(やればできる)」にてご講話いただきました。

    ■経歴
    1999年 埼玉県草加市倫理法人会 会長
    2002年 埼玉県倫理法人会 研修委員長
    2005年 埼玉県倫理法人会 普及拡大委員長
    2008年 埼玉県倫草加市倫理法人会 相談役

    2002年 法人局 法人レクチャラー
    2005年 倫理経営インストラクター
    2009年〜 社団法人倫理研究所 法人局 参事 法人アドバイザー
    2010年〜 法人アドバイザー

    ■講話内容

    倫理の「聞く」は聞くではなく、聴くである。傾聴する事にあり。

    丸山敏雄 先生は昔はホテルでの講話はやってなかった。家でやっていた。
    ある時の講話の朝に大雨が降り、聴衆が1組の夫婦だけの時があった。

    ご夫婦2人が居れば十分です。と二時間ぶっつづけで、二千人いるつもりで話しするんです。

    丸山敏雄 先生のお墓は多摩墓地にあります。石塔にはこのような文字が刻まれています。
    ----------
    常居其全
    ----------

    この意味は、常に今いる所に全力をつくせ、と言う意味になります。皆さんは今いる所に全力を尽くしてますか?
    営業の仕事は一生懸命かどうかが大事。
    このセールスマンは一生懸命だな。と思ってくれると買ってくれる。
    気が入らない売り方してたら売れない。何でも真剣勝負です。

    以前に宮古市倫理法人会は私が作ったと言う方とお会いした後、帰って来てから令状を書きました。しかしその方は震災の大津波でお亡くなるになりました。

    人生無常を感じました。
    大自然のせいや政治のせいにしたり、いくら嘆いたって、不幸は不幸です。
    何かのせいにしたって何ら解決にならない。
    どうか希望を持って前に進みましょう。これが倫理です。

    どんな環境でもやればできる。
    [幹事 安藤正之]
  • 第891回 経営者モーニングセミナーは、テーマ「創始者誕生120年記念映像ダイジェスト版」にてDVD鑑賞をいたしました。

  • 第66回 経営者モーニングセミナーは、講師に 土橋 弘直 氏をお迎えして、テーマ「未定」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第343回 経営者モーニングセミナーは、講師に 高橋 美穂 氏をお迎えして、ご講話いただきます。

    ■経歴
    衆議院議員
    日本維新の会所属

  • 第234回 経営者モーニングセミナーは、講師に
    (社)倫理研究所 倫理経営上級インストラクター(第10号)
    岩手県倫理法人会 相談役(創業会長)
    クラフトグループ(8社)会長
    又川 俊三 氏をお迎えして、テーマ『心の経営』〜 感動こそ人生!〜にてご講話いただきます。

    ◎講話ワンポイント
    仲間と始めた会社倒産、借金返済のため事業スタート(創業35周年)。
    滝口長太郎さんとの出会いから倫理法人会に入会。
    「倫理との出会いがなければ逃げ惑う人生だった」と思っている。
    「教育はすべての業務に最優先」「感動経営」をテーマに活動中
  • 第571回 経営者モーニングセミナーは、講師に 社団法人倫理研究所 普及事業部 北海道・東北方面 副方面長 丸本 敏文 氏をお迎えして、テーマ「捨てる生活」にてご講話いただきます。

    ■経歴

    ■倫理歴
  • 第215回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道議会議員角谷隆司氏をお迎えして、テーマ「北方領土〜私の倫理観」にてご講話いただきました。







    ■経歴
    昭和22年2月24日、手稲生まれ。小・中学校時代を手稲で過ごす。
    昭和40年、神奈川歯科大学に入学。
    卒業後は北海道大学、北海道医療大学で歯学部の学生の指導に当たる。
    昭和50年に角谷歯科医院開院。昭和55年に富丘つくし幼稚園を開設。
    昭和61年岡山大学にて医学博士の学位を取得。
    平成15年より北海道議会議員現在3期目
    平成22年つくし保育園を開設。

    ■倫理歴
    2008年6月〜 札幌手稲倫理法人会 会員 


    今週のモーニングセミナーはなんと、会場が変わりました。
    今までは、手稲のキロバビルという所で行っていましたが
    西区二十四軒バスターミナルビル3F、株式会社りんけいさんの
    社内開催させていただくこととなりました。

    その第一号の講師がキロバビルのオーナー、
    手稲の会員様でも古株であります。
    北海道議会議員 角谷 隆司 先生のご出席をいただきました。

    先生は手稲生まれ、光星高校、神奈川歯科大学卒業、
    北海道大学歯学部教官助手を経て、昭和50年に
    手稲区富丘に角谷歯科医院を開院。

    次には学校法人角谷学園富丘つくし幼稚園、
    そして、数年後にはつくし保育園を開園。

    角谷先生も子だくさんで沢山の子供に
    恵まれますが、みんな女の子ということで
    華やかで、明るい家庭であるようだと伺っております。

    その角谷先生が信条として、やはりそうだなーと思うところが
    あるようです。
    それは、山本五十六が話した言葉だといいます。

    人を動かす
    やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
    ほめてやらねば、人は動かじ。

    あるいは、

    やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、
    ほめてやらねば、人は動かず。

    保育園を開園している中、ほんとにそのとおりだなーって思うそうです。

    そして、北海道の未来について沢山話して下さいました。

    特に北方領土問題も深刻であり、
    北海道産業の価値についても強くお話しされていました。
    市民の意見を道や国にお話しされる方は力強く
    みんなの未来を考えておられるのだと講和を聞いて感じました。

    これからも手稲の未来の為にたくさんのご活躍を期待しています。
    有難うございました。
  • 第99回 経営者モーニングセミナーは、ビデオ研修です。テーマ「未定」です。

  • テーマ 「プライドを捨て誇りを持つ!そんな生き方(実践)!」

    講師

    北海道倫理法人会 副幹事長

    FPプロダクツ株式会社 

    代表取締役 千葉 雅可 氏



    ■経歴

    1971年 北見市に生まれ
    1973年 父の転勤で札幌市手稲区に居住
    1992年 札幌トヨタ自動車株式会社入社
    2006年 14年の営業経験を生かし、三井住友海上火災保険会社 代理店契約 (株式会社 栄輝プロダクツ設立)
        AIGスター生命保険株式会社 専属代理店契約
        NPO法人札幌青少年育成会 琴似武道館柔道部指導員 副部長
    2009年 札幌市立新陵小学校 PTA会長 拝命
    2012年 株式会社 栄輝プロダクト社名変更 FPプロダクツ株式会社(損保代理店)
        あんしんFP株式会社 北海道支店 支社長(生保代理店)

    ■倫理歴

    2009年 4月16日札幌手稲倫理法人会 会長 拝命
    2011年 9月 北海道倫理法人会 副幹事長 拝命
    2012年 9月 北海道倫理法人会 副幹事長 拝命

    ■講話内容

     札幌トヨタ自動車株式会社に営業として13年勤めますが、その後独立をします。しかし、わず4ヶ月でダメになる。色々するが全てダメで、友人借金をして生活費に充てていた。しかし、妻の言葉によりカッコつけていたことを悟り色々な事に気づき始めます。
     その後、損保の仕事を始め現在に至ります。
     千葉氏は「プライド」とは小さな事でも崩れる。「誇り」(泰然自若)堂々として崩れない。と語られました。


     次週のモーニングセミナーは

    2013年08月08日(木)朝06:60〜

    講師

    社団法人倫理研究所 法人局 参事

    有限会社 アドミカミ 

    代表取締役 三上 忠男 氏

    をお招きしてご講話をしていただきます。

    次回もたくさんの参加お待ちしております。

    千葉 雅可 様、ご講話ありがとうございました。
  • 本日は函館市新幹線対策室 主査 工藤 倫道 氏の講話をいただきました。
    新青森 〜 札幌間の新幹線に開通するための予算
    2兆2208億円!
    新青森、奥津軽、木古内、新函館(仮称)、新八雲、長万部、倶知安、
    新小樽、…
    青函トンネルから七飯までほぼトンネルで、工事が難航していたことや、新函館開通により、函館駅までの移動に使われる車両の紹介(予想)ですとか、トンネル付近の貨物、優良車両(特急、寝台等)などが共有する区間は同等の速度区間となる(時速140キロ制限)など、開業に向けてのボトルネックとなる部分を画像を織り交ぜてご説明頂きました。
    新函館開通まで建設ラッシュが続き、期待に胸をふくらますところがありますが、現実と現状をわかりやすく教えていただきありがとうございました。
  • 第582回 経営者モーニングセミナーは、ビデオ研修、テーマ「子女名優」でした。

  • 第1390回 経営者モーニングセミナーは、講師に理容 いちばん星 代表 当会会員 田中 克人氏をお迎えして、テーマ「常識って何ですか?」にてご講話いただきます。

    【プロフィール】
    1959年2月1日  江差町にて生まれる。
    1977年       北海道道立函館工業高等学校 工業化学化卒
    1986年5月11日 旧姓 岩見富士子と結婚
    1987年4月     遠山理容学園卒業(余市町にて現在も営業中)
    1988年3月5日  札幌市東区元町にて独立開業
    1994年7月2日  伏古へ移転

    【倫理歴】
    2000年       実践倫理宏正会に入会し倫理との遭遇
    2002年7月13日 札幌市倫理法人会 入会
    2012年9月     札幌市倫理法人会 レクレーション委員長