• 第483回 経営者モーニングセミナーは、講師に 茨城県倫理法人会  青年委員長、法人レクチャラー 有限会社オートチャンプ 代表取締役 富島 純一 氏をお迎えして、テーマ「本気の力(非現実的空間を創る)」にてご講話いただきました。

    ■プロフィール
    昭和58年6月1日(土浦市内)生まれ
    最終学歴 土浦市立都和中学校卒業
    平成17年 有限会社オートチャンプ設立
    平成19年 ロードサービス事業部(ITYレッカー)
    平成21年 総合保険事業部(Life Box)
    現在に至る.。


    ■倫理歴
    平成21年3月つくば中央倫理法人会設立と同時に入会
    同年7月 つくば中央倫理法人会 幹事
    同年9月 茨城県倫理法人会 青年委員長
    平成22年9月 青年委員長2年目
    平成22年9月 埼玉県後継者倫理塾8期入塾
    同年12月 茨城県倫理法人会 県内レクチャラー
    平成24年9月 茨城県倫理法人会 法人レクチャラー

    今回のご講話は、テーマ「本気の力(非現実的空間を創る)」について語って頂きました。

    「自分が変われば周りが変わる」
    自分が変わることで周りの仲間が変わる。会社が変わる。社会が変わる。
    人が、国が変わるということは、まず自身がかわるということを倫理に入会してから教わりました。


    働かざるもの喰うべからずで13歳で家を出されて仕事をしてました。
    本気というのは目に見えない。全身を使って心から念じなければ伝わらない。
    そんなことから、会場内でお互いにペアになり、お互いの本気度を体験。

    モーニングセミナーも毎週重ねてくると非現実でなくなる。
    モーニングセミナーは非現実的な空間。
    入会当時、モーニングセミナーに来ただけで「ありがとう」といわれてすごくうれしかった。

    経営者ともなるとなかなか人から指摘されることがない。しかし、モーニングセミナーでは指摘してくれる。
    先のことが人を通して見えてくる。自分が変革しなければと感じていた。
    必死で講話を聴くと、全て自分の為に言ってくれてると感じられた。苦難は成長の肥やし。
    してもらった人に何をしてあげましたか?と聞かれて一番姉に世話になった。
    悪行ではなく良いことで有名になる。人が成長できる、潰さない会社を創ろう!
    銀行融資が下りないといわれ、融資が下りなければ会社がつぶれるのが間違いない状況。
    その次の日から富士研があった。通常なら行かないと思うが
    そんな中、研修を受け次の日に保証教会に銀行マンと母と3人で行き、このまま融資が下りなければ会社は倒産し返済もできなくなる。そうなればお互いにいいことはない。自分は完済する覚悟でここにきているとその旨伝えると、1時間半後には全額じゃないにしても2300万の融資を受けることができました。

    仲間づくりとは人間力検定だと思ってる。

    ご講話ありがとうございました!
    (文:安居潔人)
  • 第482回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会  青年委員長 北海道ブランディング(株) 代表取締役  林 昌見 氏をお迎えして、テーマ「やり続ける」にてご講話いただきました。

    ■プロフィール
    昭和 52 年6月  北海道札幌市生まれ
    平成 8年 3月  北海高等学校       卒業
    平成12年3月  北海学園大学 法学部   卒業
    平成13年8月  北海道社会労働保険協会  入所
    平成18年11月  児島裕二税理士事務所   入所
    平成20年1月  児島裕二税理士事務所   監査部課長
    平成23年9月  (株)日本個性学研究所北海道 アドバイザー兼務
    平成24年2月    〃         代表就任
    平成25年5月  北海道ブランディング(株) 設立

    ■倫理歴
    平成23年7月  札幌東倫理法人会 入会
    平成24年1月  札幌東倫理法人会 幹事拝命
    平成24年9月  北海道倫理法人会 青年委員長拝命

    今回のご講話は、テーマ「やり続ける」について語って頂きました。
    どんなに困る状況でも嫌いな人は全てシャットアウト
    1回人間関係が壊れると修復できないタイプ
    小さい頃、買って欲しいものを買ってもらえなく、結局、そのままスーパーに置いていかれた。それくらい我の強い子供でもありました。

    入会してやると決めたからにはできることをやろう!
    まずはモーニングセミナーに出続けてみよう!
    倫理は実践道場、大人大学という位置づけ
    幹事になる前、身勝手に平成維新塾の応援メンバーとして手伝い。

    川崎氏、市川氏が最後まで残ってくれた。
    当初、月2回で時間も労力もかなり負担になっていた。そんな中皆んな抜けていった。
    そんな中でも仕事もプライベートも一生付き合える仲間を一人ずつ丁寧に作る。

    「我」が強い。倫理活動をするほど奥さんにしわ寄せ。それでも気持ちよく受け入れてくれることに感謝
    常に他人とではなく自分と向き合う。

    正論を言ったところで何が変わるのか?言えば言うほど真逆な結果に。
    奥さんとケンカした時でも、次の朝には必ず「おはよう!」と言っています。

    ご講話ありがとうございました!
    (文:安居潔人)
  • 第481回 経営者モーニングセミナーは、講師に 北海道倫理法人会 研修委員長 札幌厚別倫理法人会準備委員長 行政書士かとう事務所 代表 加藤 方祥 氏をお迎えして、テーマ「もう一歩踏み込む!」にてご講話いただきました。

    ■プロフィール
    1979年 5月 北海道札幌市生まれ
    幼少期を帯広市で過ごし、幼稚園・小学校を東京都府中市で過ごし、
    中学に上がる頃に茨城県水戸市に転居
    1998年 3月 私立水戸短期大学附属高等学校卒業
    1998年 4月 山形大学人文学部入学。刑事政策専攻
    2002年 3月 山形大学卒業(法学士)
    2003年 1月 行政書士試験合格
    プロ家庭教師・司法書士補助者を経て
    2006年 5月 北海道行政書士会(札幌支部)に行政書士登録(開業)
    2008年10月 遺言・家系図センター設立、遺言師となる。
    2011年 4月 一般社団法人 遺言師協会 設立。初代 代表理事に就任。
    現在に至る

    ■倫理歴
    2008年 7月 札幌東倫理法人会 入会
    2008年 9月 札幌東倫理法人会 監査を拝命
    2009年 9月 北海道倫理法人会 研修副委員長を拝命
          札幌東倫理法人会 事務長を拝命
    2010年 9月 北海道倫理法人会 研修副委員長を拝命
           北海道倫理法人会 道内レクチャラーを受託
           札幌東倫理法人会 監査を拝命
    2011年 9月 北海道倫理法人会 研修委員長を拝命
          札幌東倫理法人会 監査を拝命
    2012年 9月 北海道倫理法人会 研修委員長を拝命
            倫理研究所法人局 法人レクチャラーを受託
    2013年 1月 北海道倫理法人会 新単会設立準備委員長を拝命
    現在に至る

    【座右の銘】
    笑顔 ・ 『やれない』のは『やらない』だけ!(なせばなる!)

    2008年7月に倫理法人会に入会したのは、4人の方との出会いから。その中で特に、徳井元会長•一関社長•高橋幹事長には恩返しをしたい思いで倫理活動をしてきた。ただ、最初は具体的にどう活動したらよいかわからなかった。

    ある時、大村スーパーバイザーの倫理指導を受けて、丁度この頃は妻が妊娠してる時でこれからの生活(経済面)の不安がいつも顔に出てるような状況で、大村さんからは『そんな顔して大丈夫?』と言われていた。

    そもそもこの活動自体、簡単なものとなめていた。もともとが、努力は嫌いで要領良く、常に半分人を見下していた嫌なタイプで、昔はそうとう我が強いねと言われていた。

    3年前に事務所にスタッフを入れてから歯車がかみ合わなくなっていた。一人で仕事してもつまらないし、楽しくやりたいのでスタッフを採用したが、人を使うのが下手というのがわかり、仕事も家庭もおかしくなっていった。

    新しく団体(遺言師協会)を立ち上げ、人に裏切られ、経済的なダメージが大きく、人間不信になった。
    自分を悪者にするのが嫌で、スタッフを辞めさせたいけどそれも出来ず、自分をなんとかしなければと思い.....
    この頃から、研修委員長としての仕事は幹部研修の出席率を上げる事と活性化だと思い、札幌、札幌近郊の10単会にまめに足を運び.....自分で決めた事はやろうと.....そうすると以外と出来るんだとわかり、今まではやっていなかった事に気ずく。

    そして、遺言師協会の仕事と新たに立ち上げた厚別法人会設立の仕事と大変だなあと思いながら、これは自分で限界を突破する時だと認識する。
    そうする事で、課題が浮き彫りになり、自分が見えてきた。今までは回りに相談する事はなかったが、厚別法人会設立の仲間との関わりで、いろいろとお願いをするようになった。
    一人なら出来ない。でも仲間となら出来る....この事に気ずけた事はとても大きく倫理法人会に加入して本当に良かったと思っている。


    (文:中西智夫)
  • 第480回 経営者モーニングセミナーは、講師に(社)倫理研究所 常任理事 法人局 局長  内田 文朗 氏をお迎えして、テーマ「実践力を磨く」にてご講話いただきました。

    ■プロフィール
    講師プロフィール

    1952年   熊本県熊本市に生まれる
    1986年4月 社団法人 倫理研究所へ入所 法人部西部を担当
    1991年4月 法人開発局 中部担当
    1993年9月 生涯開発局
             九州方面担当の後、青年育成室室長を経て青年育成部主任
    2002年9月 生涯局普及開発部 主席
    2008年9月 法人局教育業務部 部長
    2010年9月 法人局普及事業部 部長
    2012年9月 常任理事 法人局 局長


    研 究 : 青年倫理研究室・環境倫理研究室
    その他 : 日本家庭教育学会会員・親学推進協会講師
            「地球倫理」を実践する一人として、中国内蒙古クブチ砂漠に
           緑を増やすため、毎年植林活動をしている。
    ご講話ありがとうございました。
    (文:安居潔人)
  • 第479回 経営者モーニングセミナーは、講師に北海道倫理法人会 幹事長 平成維新塾 塾長 (株)ハイブリッジ・ジャパン 代表取締役  高橋 秀一 氏をお迎えして、テーマ「実践力と事業繁栄」にてご講話いただきました。

    ■プロフィール
    昭和43年 7月  札幌市に生まれる
    昭和62年 3月  札幌西陵高校卒業
    昭和62年 4月  大昭和製紙?株著V 野球部入社
    平成 元 年 4月  専門学校日本ビジネススクール入学
    平成 3 年 4月  名鉄観光サービス(株)札幌支店入社
    平成11年 4月  (有)ハイブリッジ設立
    平成16年12月  スープカレー事業開始(SAMA2号店)
    平成19年12月  SAMA2号店(大谷地店)
    平成20年 5月  SAMA3号店(帯広店)
    平成20年12月  SAMA4号店(北大前店)
    平成22年11月  SAMA5号店(仙台大学病院前店)
    平成24年11月  社名変更 (株)ハイブリッジ・ジャパン
    平成24年12月  SAMA6号店(手稲店)
    ■倫理歴
    平成16年 3月  札幌東倫理法人会入会
    * 即副専任幹事
    平成17年 9月 *専任幹事拝命
    平成19年 9月  北海道倫理法人会 幹事長 拝命
    平成21年 9月   札幌東倫理法人会 会長 拝命
    平成23年 9月  北海道倫理法人会 幹事長 2度目
    平成25年 1月  倫理経営インストラクター 資格取得


    今回のご講話は、テーマ「実践力と事業繁栄」について語って頂きました。

    人の関わり方、接し方を改め手本となる人を真似する。
    人とどう関わるか?自分は、両親が離婚し倫理と出会う37歳まで心にフタをしてました。
    しかし、倫理を学んでいくことでいかにこれまで心にフタをしてたのか分かりました。
    フタをしてたことで人とのかかわり方を知ることが出来なかった。

    朝倉SVの言葉で、朝を制するものは人生を制する。
    しっかりとした形から入るのが倫理の学習。
    社風、社訓を独立したら自分で作らなければならない。
    倫理に入ったけど初年度、売上減、夫婦間も悪くなるばかり。それは結果的に原理原則。
    読んでる人、やってない人、読んでるだけでは悪くなるだけ。
    万人幸福の栞を全てやって良くなるなら徹底的にやってやろう!
    それまではそうじゃなかった。真剣に自分と向き合おうと。

    栞の中に、大窮地に陥ったときこそ、一切を投げ打ってやる時こそ常識をはるかに超えた現象が起きる。
    気づいたとき、すぐやる。それが感動に繋がる。
    先日、娘が犬が欲しいと以前から言って、実際に今日買おうというとわっと泣き出しました。

    倫理経営は家族経営。
    社員やその家族との食事会は毎月招待。
    SAMAの活力朝礼に不動産屋の社長があるとき、見学にいらしました。
    社員は生の声で発表してると感想をおっしゃっていました。
    社員が成長できる環境をつくるのが社長の役目。
    社長はやりたいことを社員がいかに快くやってくれるか?それが成果。
    時間と経費はかかるけど周年行事に力を入れる企業は伸びる。
    栞を読んで実践すると結果が良くも悪くも出る。それを人に伝えると仲間が出来る。
    これら一連の流れを作ることで真の仲間ができる。今、自分はどこの位置にいるのか?確認することが大事です。

    ご講話ありがとうございました!

    (文:安居潔人)